ホーム > インタビュー&レポート > 星野源が“彼女いない暦=年齢”の冴えない役で映画初主演! ヒロイン役の夏帆と共に“恋とは何か”を語る

星野源が“彼女いない暦=年齢”の冴えない役で映画初主演!
ヒロイン役の夏帆と共に“恋とは何か”を語る

俳優、音楽家、文筆家など多方面で活躍している注目の人物、星野源が映画初主演を果たした「箱入り息子の恋」。しかも彼が演じるのは、35歳童貞男という冴えない役どころ。そんな男が、夏帆演じる盲目の女性、奈穂子に出会い、一気に恋に目覚めるという物語だ。 監督・脚本は、第30回ぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞したほか、各映画祭でも注目を集める市井昌秀。 冴えない男が恋に目覚めた際の暴走っぷりが、面白くも応援したくなる本作について、主演の星野源と夏帆にインタビュー。作品の内容から、自然と“恋”についての話に…。

――まず脚本を読んだ最初の印象を聞かせてください。
星野「脚本を頂いたときに、35年間彼女がいない人の話だとは聞いてたんです。だからちょっと地味な話なのかなと思って読み始めたら、どんどん話がわけわかんない方向にいくので(笑)、すごい面白いなと思って。健太郎が、いくところまでいっちゃうじゃないですか。そういうところもすごく面白くて、今までにあまりない脚本だなと思ったので、この作品の主演をやらせてもらうのは非常に嬉しいなと思いました」

――共感するところはあったんですか?

星野「健太郎に共感するところはなかったんですよ。だから自分の中から引き出すのではなく、健太郎という人生を1から作って、それを演じました」

――全く違うから、面白かったりもしたんじゃないですか?

星野「違うけど、すごく好きなヤツだなって感じですね」

――夏帆さんが出演を決めた理由は何でしたか?
夏帆「私も本がすごく面白いと思いましたね。普通の恋愛モノかと思っていると、どんどんどんどん面白い方向にいくんですよね(笑)。単純に読んでてすごい引き込まれました。あと、市井さんの『無防備』という作品がすごく面白かったんです。だから市井さんが撮られるなら、これはやりたいと思いました」

――夏帆さんの演じる奈穂子は目が見えないという設定でした。いつもの演技とは違うとは思いますが、演じてみていかがでしたか?

夏帆「すごく難しかったですね。普通にお芝居してるだけじゃなくて、目が見えないってことを常に頭の隅に置いてお芝居しなきゃいけないのが、こんなに大変なんだと思いました。仕草とか、目線をどこに置いたらいいかとか、とにかくやらなきゃいけないことがたくさんあったのが難しかったです。あとは撮影日数も多くなかったので、早くこの現場に馴染まなきゃいけないというのも大変でしたね」

――今回の作品は、スムーズにいかないことも多いですよね。現実的な生々しさがあるというか。それはどのように出していったのでしょうか?

星野「基本、そういうものは脚本に全部あるんです。意識的に演じるというよりかは、監督の癖みたいなものじゃないですかね。前作の『無防備』にもそういう生々しさがあるし、そういう質感が好きな人なんだと思います。夏帆ちゃんが、この映画って監督みたいって言ってたんですけど、確かにそう思います。誰がっていうより全部が市井さんのキャラクターみたいなんですよね。」

――この作品は“恋”というのが大きなテーマになってるかと思いますが、改めて“恋”ってなんだと思いますか?

星野「(取材にきてた高校生に向かって)恋って何だと思いますか?」
高校生「恋は…ドキドキ」

星野「ドキドキしてましたね!(笑) それでいいんじゃないですかね」

――確かに! とてもシンプルですけどそれが真実かもしれない。

星野「あんまり綺麗じゃない感じがするんですよね。この作品にはベッドシーンもあるじゃないですか。最後の『ワー!』って走るところには、単純に触りたい!とか、セックスがしたい!とか、そういう気持ちって絶対はいってるはずなんです。もう1回したい、もう1回チャンスください、みたいな(笑)。そういうのも恋の中にはちゃんと入ってくるんじゃないかな。綺麗なだけじゃなくて」

――夏帆さんは、演じてる健太郎を見てどう思いましたか?
夏帆「現場では奈穂子目線で健太郎を見てたんですけど、出来上がった試写を観て、なんてヤツだと(笑)。すごいな、健太郎って思いました。ひたむきな感じがいいですよね、健太郎って。可愛らしい感じですけど、健太郎って気持ち悪いんですよね、いい意味で(笑)。奈穂子も、すごい可愛らしいようにみえて、すごいしたたかですからね」

星野「健太郎の周りにエサを巻いてるもんね。そこに健太郎が食いついてる(笑)。だから、すごい合ってる2人なんだと思う」

――演じた役と自分で似てるところと似てないところを教えてください。

星野「僕と健太郎はあんまり似てるところはないんですけど、視力がものすごく悪いのは一緒ですね。0.01以下だから、眼鏡を外すと何もみえない。実際、度入りの眼鏡を使って芝居しました。度入りの眼鏡を使ってお芝居する人って実は少ないんですよ。目がちっちゃくなっちゃうから(笑)。だけど、眼鏡ってかけてるせいで明るい人でも暗くみえちゃったりするから、すごい重要だなって思うんです。だから、今回かけてる眼鏡も、自分ではいいと思ってても周りかわ見るとダサイっていわれるような眼鏡を自分で買って、プレゼンしたんですよ。あと牛丼好きは似てます(笑)」
夏帆「似てるところありますかね? 自分が演じてるんだから、自分の持ってるものが奈穂子に出てるんだろうなぁとは思うんですけど、演じてるうえで、あんまり共通点を感じることはなかったですね」

――健太郎は、恋をしたことで昇進試験を受けようするじゃないですか。お2人は恋をすると生活に変化があるタイプですか?

夏帆「気がついたら笑ってるみたいな(笑)。でもあんまりないですね」

――あんまり恋愛には生活は左右されないタイプ?

夏帆「そう思いたいタイプですね(笑)」

――星野さんはどうですか?

星野「かなり左右されますね。何かあるとどんよりしてます。僕の先輩のミュージシャンが、ライブ前に彼女と喧嘩してエレベーターから出てこなかったんですよ。エレベーターってちょっと迷惑じゃないですか(笑)。可愛い人だなあって思いました」

――恋をすると、年齢問わず同じレベルになっちゃうのかもしれないですね。

星野「そうですね。ならない人もいると思うんですけど、なった方が面白そうだなって思いますね、人生が」

――恋が潤いを与えてくれる?

星野「潤いと絶望を与えてくれる(笑)」

――35年間彼女がいない健太郎に両親が言うセリフは、身につまされる感じがあるのですが…20代後半を過ぎてくると、したくてもなかなか恋ができない、恋に臆病になる人も増えてくると思うんです。そういう人たちにこの映画は勇気を与えられるんじゃないかと思うのですが、お2人からもメッセージをもらえますか?

星野「いまって、ガツガツするのが恥ずかしいみたいな風潮がある気がするんです。TwitterとかFacebookとかもあるし、下手なことをして馬鹿にされるのが嫌だし、あざといって言われちゃったりもするから、真っ直ぐ頑張りずらいと思うんですよ。だけど、男でも女でも普通に頑張るのが1番いいんじゃないのかなって思います。好きな人が出来たら頑張ってアプローチすればいいと思うし、欲しかったら探せばいいと思う。そういうことすると馬鹿にされるからせず、人のことは馬鹿にして、でも愛されたい気持ちだけがガンガンにある人が多い(笑)。素直に頑張るのが一番ですよ。健太郎は頑張りすぎですけど(笑)」
夏帆「いいんじゃないでしょうか、健太郎みたいに会いたくなったら会いに行って。タクシーや車使わないで、走って(笑)」」

星野「健太郎は日が暮れるまで走っちゃうからね(笑)」
夏帆「みんな健太郎みたいになればいいと思う。やっぱ嬉しいですよね、そこまで思ってもらえると。だから自分も好きな人が出来たら、難しいことを考えずにちゃんと気持ちを伝えられたらいいなって、健太郎を見てたら思いました」

 

(星野源)スタイリスト:片貝俊 ヘアメイク:村上由見子
(夏帆)スタイリスト:髙山エリ(A/M) ヘアメイク:灯(ルースター)



(6月 7日更新)


Check
(C)2013「箱入り息子の恋」製作委員会

Movie data

6月8日(土)公開
センチュリーシネマほかにて

【オフィシャルサイト】
http://www.hakoiri-movie.com/

[2013年/日本/キノフィルムズ]
監督・脚本:市井昌秀
音楽:高田漣
出演:星野源/夏帆/平泉成/森山良子/大杉漣/黒木瞳/穂のか/栁俊太郎/竹内都子/古舘寛治

Story

天雫健太郎は、市役所勤めで全然異性にモテない独身男。そんな彼を見かねた両親は、親同士が婚活する“代理見合い”で美人な奈穂子との見合いのチャンスをつかんでくる。やがて訪れたお見合い当日、健太郎はその場で彼女に会った途端に恋に落ちるのだが……。

Present

星野源&夏帆サイン入りプレスシート

1名様


天雫クリアファイル

3名様

【締切】7月4日(木)