ホーム > インタビュー&レポート > BOYS AND MEN総出演の 名古屋・ご当地ムービー「サムライ・ロック」 小林豊、水野勝、田中俊介が見どころを語る

BOYS AND MEN総出演の
名古屋・ご当地ムービー「サムライ・ロック」
小林豊、水野勝、田中俊介が見どころを語る

名古屋で活動するBOYS AND MENのメンバーが総出演した映画「サムライ・ロック」がいよいよ公開される。小林豊が織田信長を、田中俊介が徳川家康など歴史上の偉人を演じることも話題だ。そんな偉人たちが現代にタイムスリップして、水野勝演じる丹羽正巳らと出会い、アイドルグループを結成するという奇想天外なストーリーが展開するエンタテインメント青春ムービーだ。
今回は、そんな小林豊、水野勝、田中俊介にこの映画の見どころを聞いた。

――今作では歴史上の人物であったり、個性豊かなキャラを演じられたと思います。それぞれ自分が演じたキャラクターについてどういう役作りをしたのか教えてください。
小林「織田信長ってたくさんの方が演じられてるので、いろんなイメージがあると思うんですよね。自分らしい織田信長を演じるにはどうしたらいいかって考えたときに、逆にそのイメージに染まりたくないなって思ったんです。ただ、過去から現代に来たというのがあるので所作は学びました。それ以外は他の作品は観ずに台本だけを読んで、後に天下統一するということもあり、力強く真っ直ぐな心を持った男の子として演じようと思ったんです。そうすることが、小林豊なりの織田信長になるんじゃないかって思ったんです」
田中「もともと僕は勉強が得意ではなく、歴史の授業もちゃんと聞いてなかったのであまり知識がなかったんです。今回映画をやることになって、書籍などをあさっていちから勉強しました。その知識を踏まえたうえで台本を読むと、みんなが家康に持つイメージの中で、腹黒い部分っていうのが今回1番出てるんですよね。プロデューサーや監督からもそういう面を出してほしい、BOYS AND MENの中で浮いてほしいという要望があったので、とにかくみんなと馴染まないように、腹黒さを1番に考えて演じました」
水野「僕が演じたのは売れないバンドマンの丹羽正巳っていう役だったんですけど、どんだけ頑張っても報われず、腐っちゃうっていう役なんです。僕って今までプラスマイナスだったらプラスの役が多かったんですよね。だけど今回は自分の世界に入り込んだ暗い役で。撮影が始まる前に、監督とプロデューサーから『君と全然違うキャラクターだから今回はひと皮剥けようね、頑張ろうね!』って言われたので、僕もその覚悟で挑みました。どうやったらマイナスな感じが出るんだろうって、毎日わざと寝なかったり、とにかくずっと下を向いてたり、他のメンバーとしゃべらないようにして、自分の時間を大事にするってことをすごく意識して演じました」
 
――水野さんは、バンドマンということもあり楽器も演奏されてましたよね。これは今回の役が決まってから練習したんですか?
水野「これ急いでギターでやらなくちゃいけないと、演奏する音があがってきたんですけど、2週間ぐらいしか時間がなくて。ギターの先生からも『これ2週間でやることじゃないよ』って言われたりしました(笑)。だから時間があればギターを触るようにしましたね。最初のバンドのシーンはパワーコードって言って簡単なんですけど、アコギのシーンはちゃんとコードを押さえなくちゃいけなくて……あと1週間ってなったくらいで、逃げ出したくなるぐらい本当に追い込まれましたね。だけど終わってみると、やって良かったなって思うようになりました(笑)」
 
――小林さんと田中さんが演じたキャラクターでは、過去の人が現代にやってきたという設定ですよね。現代で生活していくうえでの違和感を出すために意識したことはありますか?
小林「現代に降り立ったときから、例えばここに座ってるだけでも不思議なことってたくさんあるんですよね。電球ってなんだとか、服や髪型もこんな人がいるんだとか。だから今ある日常を全て忘れて、全部新しいことを見るイメージでやりました」
田中「家康は前半はほとんど出てこなくて後半に出てくるんです。中盤で、顔は映らなくて体だけのシーンで、自動ドアに対してちょっとした驚きがあったりして、現代の不慣れなところは表現しました」
 
――水野さん演じるバンドマンは、子供が笑ったことで人を楽しませるというエンタテインメントの根本に気づく、というストーリーだと思います。それはボイメンの活動とも通じるものがあるんじゃないでしょうか?
水野「本当に一緒だと思います。誰かのためにっていうのが僕たちの前提だし、芸能ってことはそういうことなんだと改めて思いました。やっぱり誰かを笑顔にするためにとかっていうのは通じるものはたくさんあります。僕も必要とされればどこにでも行きたいし、どんなことにも挑戦していきたいなとは思いました」
 
――音楽映画、青春モノ、タイムスリップでのカルチャーギャップものとしてなど、いろんな面で楽しめました。自分たちで思う、特にここは観てほしいというようなシーンはありますか?
田中「僕は殺陣のシーンです。信長と家康の一騎打ちのシーンがあるんですけど、あれって撮影の最終日に撮ったシーンなんですよね。朝から夜中までかかって、肉体的にも精神的にもすごい追い込まれたシーンだったので、気持ちもすごいのったと思います。今回、多分アイドル映画って言われると思うんですよね。だけど女性の方はもちろんですけど、男性の方にも楽しんでもらえるものになってると思うんです。殺陣とかアクションが好きな方には、すごい心躍るぞくぞくする部分もあると思うので、あそこを僕は推したいと思います」
水野「僕らBOYS AND MENはずっと名古屋で活動してきてるんですけど、この『サムライ・ロック』も全部名古屋でロケをしてるんですよね。これまでの映画だとみんな馴染みがある場所だと思わないと思うんですけど、今回、東海エリアの方であれば、ここ通ったことあるとか思ってもらえると思います。そういうところが見どころなのかなって思いますね」
 
――なかでも特に思い入れのある場所はありますか?
水野「全部あるんですけど、特に思い入れがあるのは白川公園です。そこでライブをしてるシーンがあるんですけど、僕たち、稽古場がなくなったときに白川公園で練習してたんですよ。みんなが出てくるシーンにある噴水から少し奥に行ったところにロケットみたいなところがあるんですね。そこの間の狭い場所でラジカセ置いて練習してたんですよ」
小林「それってまだ3年前とかだよね」
水野「それぐらいかな。そんな練習してた場所で映画撮ってるって、撮影現場でもぐっときてました。個人的にはあそこが1番胸が熱くなりましたし、スクリーン通して観ると本当に鳥肌が立ちます」
小林「BOYS AND MENのライブが、そのまま映像として『サムライ・ロック』の中で使われてるんですよ。それって僕たちがBOYS AND MENとしての活動がなかったら絶対できなかったことだと思うし、協力してくれるファンの方たちがいてこそのシーンなんですよね。そうやって支えてもらってるから今回の映画が出来たんだなって、僕たち自身が思えたシーンだったので、そこはやっぱ観てほしいですね」



(5月11日更新)


Check
(C)2015Nagoya Dream Project製作委員会

Movie data

映画「サムライ・ロック」

5月9日(土)公開
センチュリーシネマほかにて

【オフィシャルサイト】
http://www.samurairock-movie.com/

[2015年/日本/スターキャット]
監督:中島良
出演:小林豊/水野勝/本田剛文/田中俊介/藤吉久美子/石黒賢

Story

新人バンド“リズムヘッド”は、とあるイベントに出演。だが演奏中に突然の落雷で停電になる事態に見舞われる。電力が戻り会場に明かりがつくと、ステージ上には見知らぬ2人の男が。そのふたりは戦国時代からタイムトリップしてきた織田信長と豊臣秀吉だった。