ホーム > インタビュー&レポート > 「レゴランド(R)・ジャパン」ついに4月1日(土)オープン! カラフル&ポップなパーク内の模様を一足早くお届け


「レゴランド(R)・ジャパン」ついに4月1日(土)オープン!
カラフル&ポップなパーク内の模様を一足早くお届け

港区・金城ふ頭に誕生した「レゴランド(R)・ジャパン」。4月1日(土)のグランドオープンに先駆けたプレス向けの内覧会で、ついにパークの全貌が明らかとなった。気になるパーク内の模様を、一足早くお届け!
 
レゴブロックをモチーフにした40以上のアトラクションやショーが楽しめ、屋外型のテーマパークとしては国内初上陸となる。パーク内ではレゴブロックの世界観をテーマにしたカラフル&ポップな建物やオブジェが並ぶ、まるで非日常的な空間。写真映え抜群なフォトスポットもたくさんあるので、記念撮影もお忘れなく。
 
パーク内では7つの異なるエリアで構成されており、約1700万個のレゴ(R)ブロックと約1万のレゴ(R)モデルが使用されている。今回は、各エリアの一部をまとめてご紹介!

※画像をクリックすると拡大表示します
 
 
・ファクトリー 
 
lego-factry4.jpg

エントランスをくぐるとすぐに広がるエリア。ここでは、アジア最大級のレゴショップ「ビッグ・ショップ」や、レゴブロックがどうやって作られるのかを見学できる工場「レゴ(R)・ファクトリー・ツアー」が並ぶ。

lego-factry3.jpg

また、サンドイッチ、マフィン、ドリンク、アイスクリームなどが揃うレストランもあるので、お腹を満たしてからパーク内を楽しむのもありかも。
 
 
・ブリックトピア 

lego-bricktopia1.jpg

メリーゴーランドや汽車などのアトラクションをはじめ、レゴブロックを使って車を作りみんなでレースに参加する体験型のエリア。子供たちが自由に想像力を発揮でき、親子そろって楽しめるアトラクションが盛りだくさんだ。

lego-bricktopia9.jpg

lego-bricktopia8.jpg

また、ひときわ目立つ高さ50mのタワー「オブザベーション・タワー」もこのエリアにそびえ立つ。パーク内の景色を一望できるので、こちらもぜひ乗ってみて。
 
 
・アドベンチャー 

lego-adventure2.jpg

lego-adventure3.jpg

古代エジプトをテーマとしたこちらのエリアでは、約2000匹の本物の海の生き物が泳ぐ海底を探検する「サブマリン・アドベンチャー」や、古代遺跡で宝物を探すシューティングゲーム「ロスト・キングダム・アドベンチャー」などが登場。エリア内にある巨大なファラオ像ももちろんレゴブロックでできているので、近くでよ~く見てみよう。

lego-adventure10.jpg
 
 
・ナイトキングダム 

lego-kingdom1.jpg

中世の世界をテーマとしたエリア。ドラゴンに乗り中世ヨーロッパをイメージした城を駆け抜けるコースター「ザ・ドラゴン」はスリル満点なので、ぜひ一度は乗ってみてほしい。身長制限などでこちらのコースターに乗れない子供向けのミニ・ローラーコースター「ドラゴン・アプレンティス」もあるので、小さな子供をお持ちのファミリーでも十分に楽しめるエリアだ。

lego-dragonnew.jpg
 
 
・パイレーツ・ショア 
 
lego-pirates1.jpg

海賊になった気分になれるエリア。「スプラッシュ・バトル」では、海賊船に乗り込んで、水が噴き出す大砲で海賊たちを狙い撃ち!外からも水の大砲を撃たれるので、撃たれないように気を付けて。

lego-splash.jpg

バイキングのような見た目の「アンカー・アウェイ!」では、なんと海賊船が前後左右に可動。意外と動きは激しめ(!?)なので、勇気がある人はぜひ搭乗を。

lego-pirates5.jpg
 
 
・ミニランド 

lego-minilandfk.jpg

「レゴランド(R)・ジャパン」に来たら絶対に見逃せないのが、日本国内の約500の建物を全てレゴブロックで再現したこちらのエリアだ。なんと、このエリアだけで約1050万個のレゴブロックを使用しているというのが驚き!名古屋のシンボルとされる名古屋城やナゴヤドームをはじめ、高さ約9mの東京スカイツリーや京都の寺院、北海道や広島など様々な土地が細部にわたって表現されている。実際の大きさ、色鮮やかさ、細かさは、絶対にその目で確かめてほしい。「レゴランド(R)」の芸の細かさに脱帽!

lego-nagoyajou.jpg

lego-miniland8.jpg
 
 
・レゴ(R)・シティ 

lego-legocity2.jpg

飛行機を飛ばしたり、ボートを操縦したり、車を運転したりと、様々な乗り物を体験できるエリア。「ドライビング・スクール」では、6歳~13歳の子供たちが特別な車を運転する。ビデオを見て交通安全について学んでから、信号機や交差点が並ぶ本物そっくりのコースで走行。車の安全についてを体験しながら学ぶことができる。

lego-legocity4.jpg
 

 
「レゴランド(R)・ジャパン」へのアクセスは、名古屋駅からあおなみ線に乗り、「金城ふ頭駅」で下車。約24分で到着となる。3月26日(日)からは、「金城ふ頭駅」まで直通で結ぶノンストップ運行が開始する。ノンストップ運行では約17分で到着となるので、アクセスも便利になりそうだ。
「金城ふ頭駅」から「レゴランド(R)・ジャパン」への道中には、物販や飲食店、ものづくり体験ができる複合施設「メイカーズピア」も3月30日(木)に新たにオープンする。緑あふれる空間で様々な飲食などが楽しめるので、こちらも忘れずにチェックしておこう。
 
今回ご紹介したのはほんの一部。パーク内には他にもたくさんのアトラクションやレゴ(R)の仲間たちが待っているので、ぜひ足を運んでみよう。おもちゃ箱をひっくり返したような非日常的な空間は、子供だけでなく大人も夢中になれること請け合いだ。



(3月24日更新)


Check

レゴランド(R)・ジャパン

愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
[TEL]050(5840)0505
(年中無休 9:00~12:00/13:00~17:00)

<1DAYパスポート>
おとな(13歳以上)-6900円
こども(3歳~12歳)-5300円
(2017年4月1日(土)~6月30日(金)来園分)

<年間パスポート>
おとな(13歳以上)-17300円
こども(3歳~12歳)-13300円
(最初の来園問わず2017年4月1日(土)より1年間有効)

※12歳以下の方は16歳以上のおとなの同伴が必要。

【公式サイト】
https://www.legoland.jp/