ホーム > インタビュー&レポート > 両さんたちにまた会える! 40年の歴史を振り返る「こち亀展」開催中!

両さんたちにまた会える!
40年の歴史を振り返る「こち亀展」開催中!

秋本治による漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。通称「こち亀」。
人情味あふれる主人公・両津勘吉とそれを取り巻く個性豊かな面々によるドタバタコメディは、多くの共感を呼び、連載開始からなんと40年を数えるまでにいたった。そして連載開始から一度も休載することなく書き続け、辿りついた200巻。
40周年・200巻という大偉業を成し遂げ、惜しまれつつも連載終了を迎えたのが、2016年秋のことだ。今回、その長い歴史を振り返る展覧会が開催されることとなった。名古屋はテレピアホールにて、5月14日(日)まで開催中だ。
ここでは開催中のテレピアホールに潜入して、貴重な品々を少しだけご紹介!

地下鉄栄駅から徒歩約5分ほどの場所にあるテレピアホールにて開催中の「こち亀展」。
入ってすぐに眼前に広がるのは、金屏風の前に並べられた200巻のコミックスすべて。
一面に広がる歴史を重ねた表紙の数々に、40周年の軌跡をさっそく感じることに。


kochikame_sub01.jpg

kochikame_sub03.jpg
人気漫画家の先生たちからの応援イラストも展示

この展覧会のキモは、やはり原画。
本展では、約150点以上もの原画が並ぶ。主人公の両津勘吉はもちろん、中川圭一、秋本・カトリーヌ・麗子、大原大次郎など、主要メンバーをまとめたコーナーもあり、それぞれ初期~現代にいたる絵柄の変化も楽しめるはずだ。


kochikame_sub02.jpg

そこを抜けると、両さんたちと一緒に写真を撮れるコーナーが!
いくつかのシーンがピックアップされているので、両さんたちの仲間になった気分で撮影しよう。


kochikame_sub04.jpg
一緒に神輿を担ぐことも。

他にも、両さんと言えば“金”!ということで、40年間の収支をまとめたものや、名物キャラクター・日暮熟睡男のコーナーなど、様々な角度で40年間を振り返れる内容になっている。

kochikame_sub05.jpg
負債総額は、なんとマイナス千兆円超え!?

ハチャメチャなものばかりではなく、「神回」と呼ばれるものをはじめ、下町の人情あふれる物語があるのも「こち亀」の魅力。
「勝鬨橋をひらけ!の巻」や「おばけ煙突が消えた日の巻」など、「こち亀」ファンの多くの記憶に残っている物語の中から、キーとなったものをジオラマで再現したりも。
「神回」原画セレクションでは、
両さんの恋の物語をピックアップした「浅草七ツ星物語の巻」(4月30日まで展示)、「古都の走馬灯の巻」(5月1日~5月14日まで展示)が名古屋会場初展示で登場するので、ぜひ両作品ともチェックしてみよう。


kochikame_sub06.jpg
「おばけ煙突が消えた日の巻」 ジオラマの周りには、その回の漫画が並ぶ

また、特別展示として作中でも舞台となる神田明神に奉納された絵巻(レプリカ)も展示される。
これは、神田明神の遷座400周年と連載40周年が重なったことにより、秋本先生が描きおろした原画17枚を絵巻として奉納したというものだ。両さんとともに時代の歩みも楽しめる絵巻となっている。


kochikame_sub07.jpg

そしてなにより、この「こち亀展」限定の目玉としては、秋本先生がこの展覧会のためだけに描きおろしたというエピローグ的な作品。
両さんが何も言わずに派出所からいなくなる。両さんはどこに行ってしまったのか・・・・・。
連載終了して寂しい気持ちの「こち亀」ファンの気持ちともリンクするこのエピソードは、心にほっと優しさを届けてくれる。
しかも、この作品のために描きおろしたということもあり、原稿用紙のすみには、秋本先生によるちょっとしたコメントが書いてあったりも。まさにこの展覧会でしか見られない作品だ。


kochikame_sub08.jpg
展覧会用ということでコマ割りを大きくするなど、コミックとの違いも。

あまりに長い歴史の中で、様々な個性を発揮してくれたキャラクターたちや、笑って泣ける様々なエピソードが満載の本展。
改めて振り返ることで、こんな物語もあったな、と懐かしい気分をもたらせてくれるはず。
会期は5月14日(日)まで。見逃した!なんてことがないように、ぜひともチェックしてみよう。




(4月26日更新)


Check
すべての画像クレジット
©秋本治・アトリエびーだま/集英社

Data

連載40周年&コミックス200巻記念
こち亀展
~こちら東区テレピアホール派出所

5月14日(日)まで
テレピアホール
[当日]大人-1200円 中高生-600円
※開場時間=10:00~18:00。入場は閉場の30分前まで。会期中無休。
※会期中、予告なく一部展示替えを行う場合がございます。
※中高生は当日要証明書提示。小学生以下無料。小学生低学年以下のご入場には保護者の方の同伴をお願いいたします。
東海テレビ放送 事業部[TEL]052-954-1107
Pコード:990-828

チケット情報はこちら


Present

オリジナルコミックスカバー
プレゼント

4月29日(土)~5月7日(日)のGW期間中に来場すると、各日先着1000名様に「名古屋会場オリジナルコミックス200巻カバー」をプレゼント!