ホーム > インタビュー&レポート > Hello Sleepwalkers インタビュー 「シンプルにストレートに作りました」

Hello Sleepwalkers インタビュー
「シンプルにストレートに作りました」

ロックバンド、Hello Sleepwalkersが新作「Masked Monkey Awakening」をリリースした。緻密に構築されたサウンドを特徴としていた彼らだが、今作は、ライブパフォーマンスとリンクしたシンプルなサウンドが印象的。キャリアのターニングポイントとなりそうな本作について、ボーカルのシュンタロウに話を聞いた。

――アルバムですが、かなりストレートな作品になりましたね。
「そうですね。今回はストレートな曲が多いですね」

――最初はもうちょっと作り込んだものを考えてたそうですね。
「そうなんですよ!最初は色々やってて、すごい手の込んだじゃないですけど、マニアックなことをやりすぎたなあって。そこでリスタート地点にもう1回立ったっていうのが、今回はすごい大きいなって思って。長い期間を経て、こういうアルバムがようやく出せたって……それは嬉しいです」

――期間もけっこう空きましたが、試行錯誤もやっぱりあったんですか?
「1回見直して、どういうやり方でやるか、じゃあこういう作品にしようと固まってから、曲ももう1回書き始めました」

――ちなみに以前持っていた構想はどんなものだったんですか?
「みんなライブは意識していたと思うんですけど、やっぱり今程じゃないなというか。最近はライブに重点を置く、それがメンバーの中にもあって。それが曲にどんどん反映されていった感じです」

――前作を取材させていただいた時は、曲を構築していく楽しさについての話が印象に残っているのですが、今作はそこだけではない部分にこだわったと。
「そうですね。初めて見る人にいかにインパクト与えるかとか、違う方法論もあるなって思ったんですよ。だから今までと違うやり方をしたので、シンプルだけど難しかったんですよ」

――そういうところに目が向き出したのは、何かきっかけがあったんですか?
「段々そうなっていったっていう感じなんですけど。他のバンドと対バンして、『なるほど、こうやれば盛り上がるのか!』とか『こういう上手いのせ方があるのか』とか、そういうところは参考にしつつ、自分たちらしさも壊さずにやる。上手く真ん中を行けたなっていうのはあるんですが、それをやるのが非常に難しかったです。だんだんわけが分からなくなってきて。『ストレートってなんなんだ』と」

――そこに
踏み出す決断は大変だったのではないですか?それまでの手法で、形にしようとすれば出来なくはなかったわけですよね?

「最近ライブをやってて思うのは、『これを先に作っとかないとヤバかったんじゃないかな』ということ。やっと曲が揃ったというか。聴かせる曲もあるし、一緒に楽しめる曲もあるという部分で、ちゃんとどっちにも行ける作品になったので。これは大きい1枚になりました」

――聴き手がどういう風に聴いてくれるかというところに、目を向けた作品でもあるわけですね。
「それはすごい考えました。リズムを割とシンプルにやってるんですけど、お客さんがのりやすいだけじゃなくて、僕らも演奏しやすいというか、気持ちが乗せやすいという部分はありますね。今まで他のところで表現しようとしていた難しいことの代わりに、違う表現とか声ののせ方といったところにも目がいったし」

――新曲はリリース前にもライブでやっていたそうですね。
「そうですね。リリース前に新曲ばかりのセットリストを組んだこともあって、いろいろ言われましたね、攻め過ぎでしょうと(笑)。でも新曲はやっぱりライブでやってて気持ちいいし、そこに向けての曲だなっていうのも実感しました。いざ出来上がってライブでやると、やっぱり何か掴めた感じはしますね」

――こういう表現が正しいのか分からないですけど、曲の詰め込み具合とか、ファーストアルバムみたいですよね。
「なるほど。確かに。衝動の感じとかそんな感じですね」

――あまりそういう意識はなかったんですか?
「そうなんですよね。最終的にこうなっちゃいました、考えてなさすぎて(笑)。曲をバーっと作って、純粋にかっこいい曲というか…このアルバムに入れるのにふさわしい曲を選ぼうと選んでいったらこうなっちゃったていう。今回はリチャード・アーチャーと一緒にやったっていうのもあって、ただのストレートでもなくなったっていうのはすごい感じていて。音の作り方もそうですけど、ちゃんと可能性を広げてくれた。僕らが作って、レコーディングもした後にリチャード・アーチャーに投げたんですけど……返ってきたものを聴くとこんなに色はなかったし、やっぱり曲が持っている良さをもっと出していかないとなって思いました」

――事前に何かオーダーはしたのですか?
「最初はしてないですね。ただ投げるっていう。好きにやってもらったほうが面白いものが出来るかなって」

――結構変化して返ってきたんですか?
「ギター、ベースがばっさり消えてるとか。構成も変えてくるんですよね。ドラムも変わってたりとか。尺もかなり変わってました。イントロが無かったり」

――じゃあ最初聴いた時って衝撃だったでしょ?
「そうですね。最初ふざけてると思いました(笑)。友達にやらせてるのかな?って(笑)。でも、後から何回かやり取りして曲がブラッシュアップされていくのを聴くと、なるほどねって納得するところが何カ所もあって、本当に勉強になりました。いらないであろう部分はプリプロで結構排除したんですけど、そこを凌駕するほど削られいく感じ。削ったあとに何か乗せてくるみたいな。出すところは出すっていうか『コーラスを追加で録ってください』とか後から言われることもありましたし」

――元々、共同プロデュースをすることになったきっかけは何だったのですか?
「共同プロデュースの話はスタッフさんからいただいてて。実は僕、HARD-Fi(ハードファイ)もリチャードも全然知らなくて……。それでも新しい人と一緒に出来るっていうことに拒否反応が出なかったし、むしろ楽しそうだなと思って。新しさへの追求はバンドをやるモチベーションになるし、それがいつも探しているもので。他にも何人か候補の方がいたんですけど、1番ピンと来たというか、『ここのこれ良いよね!』って言ってるのが音楽で伝わってきたんです。すごいシンパシーを感じまして。やろう!と思いました」

――アルバムを作っている期間もそうですけど、音楽観が変化してきている時期なんですね。
「この時はまだ使ってなかったんですけど、最近やっとMTR(マルチトラックレコーダー)からパソコンで曲をちょっとだけ作れるようになって、まだ機材は完璧には揃ってないんですけど…面白いですよね。『わあ、ここでこんな音入れてるんだ』とか、今までとはまた違った楽しさも見えてきますね」

――最近、取材でもツールの話になることって多いんですけど、ツールが変わると作る曲も変わる印象があります。特にこのバンドは構成が持ち味のひとつだと思うので、そこのやり方が変わると変化がありそうですね。
「そうなんですよね。『ここのコーラスをここに持ってきたら面白いじゃないか』っていうのもすぐ試せるし」

――そういう意味ではリチャード・アーチャーさんも、構成のいじりがいはあったんじゃないですか。
「僕らは完成だと思っていたところ。これ渡されても絶対いじれないなっていう感じのところを、いろいろやってきましたからね。引き出しの多さを思い知らされました」

――ずっと一緒にやってきたプロデューサーさんでは、逆にできないでしょうね。
「確かに確かに。本当に良かったですよね。良い意味で勝手。助かりましたね」

――さっき少しライブの話もありましたが、今回のライブは雰囲気も変わりそうですよね。
「そうですね。これからやりながら感触を確かめつつって感じですね。昔の曲も曲数からいったら必然的にやるので、ここから入った人が昔の曲を聴いて、そっちにもハマってくれると嬉しいなってのはありますね」




(4月21日更新)


Check

Release


album
「Masked Monkey Awakening」

2484円
A-Sketch
AZCS-1027

LIVE

5月4日(日・祝) 18:00
ell.FITS ALL
スタンディング-2800円(整理番号付・別途ドリンク代必要)
サンデーフォークプロモーション
[TEL]052(320)9100

チケット情報はこちら