ホーム > インタビュー&レポート > GLIM SPANKY 松尾レミ インタビュー 「世界でも通用するようなロックスターになりたい」

GLIM SPANKY
松尾レミ インタビュー
「世界でも通用するようなロックスターになりたい」

60、70年代の匂いを感じるロックを現代に鳴らすGLIM SPANKY。ボーカル・松尾レミのハスキーな声は蠱惑的に響き、音楽シーンで独自の存在感を閉める男女ユニットだ。そんな彼らが、メジャーデビュー後、初のフルアルバム「SUNRISE JOURNEY」をリリースした。ヴィンテージなロックを現代のテイストで鳴らす彼らによる、結成から今までの軌跡が感じられるような作品となった本作。その作品のインタビューを通して、自らの理想とするロック像などについても語ってもらった。

――昨年メジャーデビューをして後、初のフルアルバムとなりました。デビューしてからの曲はもちろん、高校生の頃に作られた曲なども収録されており、最初のアルバムとしてとても象徴的な作品になってるのではないかと思います。
「やっとリリース出来たっていう気持ちが1番大きいですね。あとは、上京する前に作った曲や、メジャーデビューするときの気持ちを歌った曲など、これから始まるという気持ちでレコーディングした曲ばかりなので、1stらしい1stになったんじゃないかなって思います」
 
――作った時期が違うというのもありますけど、音楽の幅としてもいろんなタイプが収録されていますよね。
「ロックはロックでもいろんなロックがあるよっていうことを、世間に証明することができるアルバムになったと思います。強いだけがロックじゃないですからね。一般的にロックって激しいサウンドや攻撃的な部分のみがロックだと思われがちですけど、私はそれだけがロックだとは思ってないんです。強いのもあれば優しいのもある。ポップロックがあればカントリーロック、フォークロックもある。これだってロックでしょ?って言えるような曲を作りたいっていうのが根底にあったので、次はこういうテイストにしようか、と自然に広がっていったと思います」
 
――最近は確かに四つ打ちで踊れるものであるとか、みんなで共有できるライブというものが多くなってはいますよね。
「例えばみんな一緒に腕を上げて一緒の動きして盛り上がるっていうのもひとつの共有だし、歌詞を聴いてみんなが自分のことだと思って歌を聴くのもひとつの共有ですよね。GLIM SPANKYだったら、お客さんとどういうコミュニケーションの仕方が出来るかなって考えたときに、一緒の動きをしてるだけが共有じゃないと思うことがあったので、それはすごく意識してますね」
 
――GLIM SPANKYの楽曲は、60年代、70年代にルーツを感じる楽曲が多いですが、その時代の共有感は、まさにそういう部分が強かったと思います。そんな楽曲からの影響もあるのでしょうか?
「人間が持つ感情ってどの時代も変わらないものだと思うんです。嬉しい、幸せ、悲しい、悔しい、どの時代にも必ずある感情ですよね。自分が思ってることを書いたら、60s、70sの人たちも同じことを書いてるんですよね。きっと何十年後も同じことを歌ってる人はいるだろうし、ひとつの表現方法としてリンクしてるのかなって思いはあります。だから、60s、70sに憧れた懐古主義みたいに思われるのが1番嫌ですね。やっぱり2015年にやってるわけだから、今届くべきものを歌ってるつもりだし、2015年に生きている私が思ったことを歌ってるんですから。60s、70sの音楽になってるのは、たまたま私がそのサウンドがクールだと思って、それと通じる音を選んでやってるっていうだけですね」
 
――では、時代とリンクするというのはこだわってるところなのでしょうか?
「それはもうすごくこだわっています。オールドロックやブルースを軸としてるので、レコーディング機材もヴィンテージのを使っていると思われがちなんですけど、逆に最新機器を使ってるんです。この前、ギターを新しくしたときも2015年モデルにしましたし。例えばオールドなコード進行を弾いたとき、本当のヴィンテージだとどっかで聴いたことある音だなってしっくりきすぎちゃうんですよね。だけど新しい機材を使って現代の音を鳴らすことによって、そこに新しさが生まれると思うんです。だからヴィンテージなどに拘ってることは全くなくて、現代に生きてる人が聴いてぞくっとくる音を探して作っています」
 
――むしろ新しいことをどんどん試したいということなんですね。実際、聴いている人たちも、年配の方は懐かしいと思うと思いますけど、若い子たちには目新しくも映ってると思うんですよね。
「自分自身も60年代、70年代の音楽に新しさを感じているんです。例えば、日本のあるバンドが流行ったとして、そのバンドが影響を受けたアーティストとしてビートルズを聴き始めるとします。そうしたらその子にとっては、今どきのバンドよりもビートルズの方が最新なんですよ。なのできっとGLIM SPANKYのサウンドも、若い子には新しく感じると思います。そこから私もやったように、好きなアーティストがどんな音楽に影響を受けてきたんだろうって辿ったときに答え合わせができるというか。そういうことが出来たら音楽として楽しいし、いつまでも先人の素晴らしいロックを伝えていけるなって思うんです」
 
――GLIM SPANKYはボーカルとギターのユニットじゃないですか。だけど、楽曲的にはベースラインやドラムが重要な曲多いですよね。ゲストに参加されてる方は、亀田誠治さん、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)さんといったベーシスト、BOBOさんといったくるりやフジファブリックら多くのバンドに参加しているドラマーなど、実力者たちばかりでさすがの演奏ですが、ゲストミュージシャンに対するこだわりはありますか?
「ドラムの音は特に重要だと思っています。ただドラムもベースもほとんど完璧にこっちで作っちゃってからのレコーディングなんです。私たちもドラムやベースの専門家ではないので、本当に簡単なリズムパターンをつけるんですけど、BOBOさんはほぼ変えず、私たちの作るデモ通りに叩いてくれるんです。いちばんシンプルな形だからこそ、ドラマーの技術が問われるんですけど、BOBOさんはそういうシンプルなものほど格好よく叩けるドラマーだと思うんです。亀田さんは、私たちが作ったルート弾きだけの簡単なものに色を入れてくるので、亀田さんのベースが入るだけで曲の雰囲気ががらっと代わります。だから、この曲だったらこの人っていうのは考えて選びます」
 
――1曲目の『焦燥』や『大人になったら』は結構昔に作られた曲なんですよね。当時のもやもやした気持ちを歌ってる曲だとも思うんですけど、その時代があってこその今というのは、この作品を通して感じられる部分でもあります。
「そうですね。特に『焦燥』は、GLIM SPANKYが結成された本当に初期に書いた曲だったので、その曲があって今に至るという意味ですごく大事な曲です。それに、高校2年生の頃に書いた曲だけど、今の私の感情と全く変わってないんですよね。伝えたいことも、言いたいことも変わってない。だからこそ1stアルバムに入れたっていうのはあります。あの頃の自分は青かったとか、余計な感情が生まれるんだったら絶対歌いたくない。そのときに思った自分の精神が、今でも全く変わらずにあるので本気で歌える。本気で歌う歌こそ人に届くものだと思ってるんです。レコーディングしていても、本当に伝えたくてこの歌を作ったんだなって、自分でももう一度実感することができました」
 
――そういう時代があって、『サンライズジャーニー』みたいな、そこから解放されたかのような流れっていうのはすごくいいと思います。
「ありがとうございます。これはデビューして『焦燥』がリリースされたときぐらいから書き始めたと思うんですけど、今からスタートだっていう思いで書いた曲なんです。本当に今の自分たちをよく表してるメッセージだと思います。きっと生きてる中で人それぞれの始まりってあると思うんですけど、そういうときにこの曲がテーマソングになったら嬉しいなって気持ちで作りました」
 
――『さよなら僕の町』はヘッドフォンで聴くとすごい臨場感ですよね。これはバイノーラル録音という、その場に居合わせたように感じる録音方法を取ってるということですよね。地元の高校の美術室で録ったと聞きました。
「はい、高校の美術室にマイク1本だけを立てて。そのまま一発録りで録ったんですけど、野球部の声やギターが何かにぶつかってカツンとなっちゃう音とか、そういうものを全部よしとしてるんです。だから、ライブ音源なわけで、すごく生々しいです。でも生々しいからこそ伝わることもあるのかなって。現代の音って、本当にこれは人間が演奏しているのだろうかってぐらい綺麗だったりするじゃないですか。それはそれでいいんですけど、生々しい音があまりないなと思っていて。だからこそ、無加工状態のものを出すことによって、今までになかった素の部分を提示して、新しい何かを提示できたらいいなと思って、この一発録り音源を入れました」
 
――『褒めろよ』『リアル鬼ごっこ』など、勢いのある曲もありますよね。これはドラマや映画のタイアップになりますが、それによって普段の自分たちでは作らないようなタイプの曲ができたんじゃないですか?
「そうですね。タイアップで作った曲は、自分の中で大きなものでした。特に『褒めろよ』ですね。コミカルでテンポも速くて、ほかにはない感じの曲なんですけど、こういう曲を作ろうと思ったのはタイアップがあったからですね。『リアル鬼ごっこ』も、それと同じく今までのGLIM SPANKYになかった一面が確立できた曲だと思っています。こういう曲ができるのだから、タイアップにはいいことしかなかったですね」
 
――確かに『褒めろよ』はメロディがすごい印象的なので、口ずさみたくなりますね。歌詞の話も聞かせてください。『焦燥』では生々しい自分の感情を出してますが、『MIDNIGHT CIRCUS』では幻想的な感じですよね。松尾さんの中で、その切り替えはどうなってるんでしょうか?
「曲を作り始めたときの脳内の気分によって変わります(笑)。『褒めろよ』『焦燥』は、感情が大爆発したときにギターをかき鳴らしたらできちゃった曲です。『MIDNIGHT CIRCUS』『踊りに行こうぜ』みたいなストーリーちっくな曲は、曲作りのときに部屋の電気を消して、キャンドル点けて、お香焚いてって、本当にその世界にトリップする形で作ってます」
 
――そういう音源のこだわりもありつつ、GLIM SPANKYはアートワークにもこだわってる印象があります。
「音楽は音だけじゃないと思うので、音だけにこだわって、ジャケットや見た目がダサかったら、私は手に取ろうと思わない。音楽とファッションやアート、カルチャーは一心同体だと思うんです。だから、GLIM SPANKYも音以外のこともどんどん出していきたい。だって新しいムーブメントが起こるときって、必ずファッションとかもくっついてきませんか? ロックもそうだし、パンク、ニューウェイブ、グランジなんかも、ファッションやカルチャーと一緒に出来たものだと思うんですよね。だから新しい時代を作るには、音だけにこだわっていては絶対に出来ないと思ってるんです。やるからにはGLIM SPANKYもそこを目標にしてやっていきたいなって思っています。世界でも通用するようなロックスターになりたいですね」
 
――確かに、レジェンドのような人たちは、音楽だけじゃなくて全てが伝説になってますもんね。
「ローリング・ストーンズだって、ビートルズだって、レッド・ツェッペリンだって、アートワークも広まってますよね。私の好きな格好いいロックっていうのは、見た目も格好いい、ファッションも格好いい。音楽が格好いいなんて当たり前で、それ以外も格好いいからロックスターであるっていう、私の中でポリシーみたいなものがあります。だから私たちも同じく新しい何かを提示していけたらいいなと思ってます」



(10月 6日更新)


Check

Release

album「SUNRISE JOURNEY」

2500円(税別)
UNIVERSAL MUSIC
TYCT-60066

LIVE

SUNRISE JOURNEY TOUR 2015

▼10月11日(日) 18:00
池下CLUB UPSET
オールスタンディング-3300円(整理番号付・別途ドリンク代必要)
サンデーフォークプロモーション[TEL]052(320)9100
Pコード:265-693

チケット情報はこちら