ホーム > インタビュー&レポート > 20周年記念イヤー真っ最中のMUCC オリジナルアルバム、ベスト盤などリリースも続くなか 逹瑯、YUKKEに話を聞く

20周年記念イヤー真っ最中のMUCC
オリジナルアルバム、ベスト盤などリリースも続くなか
逹瑯、YUKKEに話を聞く

今年で20周年を迎え、それにちなんで20個の企画を発表・進行しているMUCC。
ライブ活動をベースに、ヨーロッパ、アメリカ、中国、ロシア、南米など海外にもツアーをまわり、国内外を問わずファンを増やしてきた。彼らの魅力は何といっても、ヴィジュアル系というジャンルにカテゴライズされず、フォーク、メタルなど時々で発表してきた多彩な音楽性と、観るものを引き込むそのステージにある。
20周年という節目にリリースされたオリジナルアルバム『脈拍』は、改めて彼らのルーツも感じるものになった。3月29日(水)にはベストアルバムもリリースされるなど、次々に20周年企画を発表していってる彼ら。アルバムの話をベースに、20周年の今年を期待させてくれるインタビューをどうぞ。

――今年は結成20周年記念ということで、様々な企画盛りたくさんの1年ですが、ニューアルバム『脈拍』はその一貫でもありますよね。その1曲目となる『脈拍』が、いわゆるイメージしやすいMUCCらしい1曲で。20周年のタイミングでこの曲が1曲目でテンションあがりました。
YUKKE「『脈拍』や『孵化』っていう曲がアルバムのキモになると思うんですけど、これが出来たのが本当に制作の最後の方で。それまでは、アルバムに収録されて面白い曲、MUCCにとって振り幅のある曲が多かったんです。キモになる曲がリーダーから出てくるのを待っていたら最後に出てきて。これでやっとはまったなって感じましたね」
 
――何か足りない、という感じがあったんですね。
YUKKE「『脈拍』がSEとかも挟まず1曲目に来たということは、20周年というところですごい良かったと思います。これがシンセでピコピコしてる曲だったらびっくりしますよね(笑)」
 
――それはそれである意味ありかも(笑)。MUCCって時代によっていろんな音楽性にチャレンジしてるじゃないですか。そういう意味ではもう何が出てきても驚かないというか。
YUKKE「いろんなことを経たからここに落ち着いたのかなって気がしてます。曲によっては昔、影響を受けたままのフレーズや構成を生かしてるものもあるし、メンバーそれぞれのルーツが入ってたりもしますしね」
逹瑯「YUKKEのルーツは?」
YUKKE「『シリウス』はバックボーンにLUNA SEAがありますよね。自分がコピーしてた時代のLUNA SEAのベースフレーズが入ってたり。そういう自分たちの原点のようなものが散らばってるアルバムだとは思います」
 
――ルーツといえば『BILLY×2 ~Entwines ROCK STARS~』は逹瑯さんが作詞ですが、hideさんやBUCK-TICK、THE BLUE HEARTSなど、自らのルーツについて歌ってますね。
逹瑯「このアルバムの中で1番最初に歌詞を書いたんです。20周年ってことを意識した方がいいのか、あんまりしない方がいいのか、迷ってたんですけど、こういう曲だから勢いにまかせて書いちゃおうと。20年たった今と、バンドを始めた頃を行き来するような感じがいいかなと思って。今の時代間って結構しんどいとは思うんですけど、そこまでシリアスに捉えたくはないんです。これはこれで順応していかなきゃという思いと、、初期衝動を入れて、ばーっと書き上げました。歌詞でも書いてるブルーハーツのヒロトさんとかだったら、洋楽のパンクロックバンドの名前とかが入ってくるだろうけど、ブルーハーツとかが大好きで育った俺としては、邦楽バンドばっかりを並べて(笑)。これはこれで俺らしくて面白いかなって」
 
――YUKKEさん作曲の『秘密』は、R&Bテイストで、このアルバムの中でもちょっと雰囲気違いますよね。
YUKKE「もともとはR&Bというより、シンセをバリバリ入れた踊れる曲のイメージだったんです。そのメロディをリーダーが拾って、kenさん(L'Arc〜en〜Ciel)と一緒にアレンジを進めていったらこの形になったんですよね。すごい気に入ってます」
 
――80年代というか、懐かしい感じがしますよね。
YUKKE「しますね、すごくトレンディな香りがします。この曲、普段からすごく聞いちゃうんです。80年代、90年代の歌謡曲やJ-POPっていうのが好きだから、やっぱりそういうのが自分の中でも流れてるのかなって。プレイしていてもすごい楽しいんです」
逹瑯「バブルの匂いがするよね(笑)」
YUKKE「そうそう、平野ノラ感というか(笑)」
逹瑯「音からそういうイメージは伝わったので、詞もそういう雰囲気にして遊ぼうと思って書きました」
 
――確かに詞もメロディもトレンディな感じがします(笑)。今回、ラルクのkenさんがプロデューサーとして入ってますけど、アルバム1枚がっつりやるのは初めてですか?
逹瑯「アルバム1枚はないよね。前回は数曲だったから」
YUKKE「選曲会からずっといるので。リズム録りからギター、歌、ミックス、プリプロまで本当にがっちり来てくれましたからね。今回はkenさんと一緒に作ったアルバムだと思います」
逹瑯「最近いなくて寂しいよね(笑)」
YUKKE「いないのが普通なんだけどね(笑)」
 
――『勿忘草』のギターとかはkenさんっぽいですよね。
YUKKE「よく言われるよね。MUCCとしては新しい感じが出ていて気に入ってます」
逹瑯「kenさんいなかったら『勿忘草』と『BILLY~』は入ってないよね」
 
――後は全体的に、音がクリアな印象です。
逹瑯「kenさんとうちのリーダーが話してたんだけど、世の中、誰でも簡単に良い音楽が作れるじゃないですか。デスクトップミュージックとか言われたりもしてるけど、音楽が作れる環境が整ってる。だからこそ宅録では出来ないことをしようというところから始まったらしいんだよね。簡単に誰でも良い音楽が作れます、の一歩先にある、良い音でクリアなものにしたいって」
 
――実際にレコーディングの際に、演奏や音作りでこだわりましたか?
YUKKE「すごく難しいフレーズを上手に弾くとかもひとつ課題なんですけど、もっと普通のこと。kenさんからもいろんなアドバイスをもらったんですけど、普通の8分のベースなんですけど、俺が意識を持って弾くことで、ベースだけでも曲をすごいドラマチックにすることができる。聞いてすぐに分かるものではきっとないんでしょうけど、聞いた人がノレるなと思ったら、それはベースのおかげかもしれない。そういうことを今回はこだわりました」
 
――オフィシャルサイトでは20周年記念サイトを立ち上げてますよね。そこで20個の企画が発表予定になってます。
YUKKE「お客さんも現在発表されているものだけでもすごいって言ってくれてますね。だけどまだ半分は発表前ですからね! その残り半分を発表できるよう準備しながら、発表済みのこと順番にやっているんです」
逹瑯「最後の1個が、YUKKE改名、だっけ? 最後の最後で何が発表されるんだろうって思ってたら、YUKKE、ユウジに改名!」
YUKKE「待って、それはそれで1番すごい発表だよ! 発表できるのが19個しか作れなかったんだなって思われるよ。本人の意思じゃなく改名させられてるなって(笑)」
 
――確かに、それが1番衝撃的です(笑)。YUKKEさんの改名が発表されるかは楽しみにしつつ(笑)、発表されている中で全国ツアーがあり、名古屋にもやってきてくれますね。
YUKKE「ツアーも後半なので、曲も慣れてきて、1番格好良いぐらいの状態なんじゃないかな。絶対面白いと思うので、20周年のMUCCを一緒に盛り上げてもらいたいなと思います」
逹瑯「名古屋ってすげえ前から来てる、来てあげてるんだけど…」
YUKKE「なんで上から目線なんだよ!東京のイヤなところが出てるよ」
逹瑯「茨城出身なのにね(笑)。うちらが名古屋に来続けてるのと同じくらい、名古屋の人もうちらに愛を注いでほしいです! 来てあげるから(笑)」



取材・文:小坂井友美(ぴあ)



(3月23日更新)


Check

Release


album『脈拍』

通常盤【CD ONLY】
3000円(税別)
AICL-3271


best album『BEST OF MUCC Ⅱ』

【2CD】
3500円(税別)
3月29日(水)発売
AICL-3311~2


best album
『カップリング・ベスト Ⅱ』

【1CD】
2500円(税別)
3月29日(水)発売
AICL-3313


best album
『BEST OF MUCC Ⅱ &
カップリング・ベスト Ⅱ』

【4CD】※5,000枚限定販売
6920円(税別)
3月29日(水)発売
(DISC-1)
『BEST OF MUCC Ⅱ』DISC-1と同様
(DISC-2)
『BEST OF MUCC Ⅱ』DISC-2と同様
(DISC-3)
『カップリング・ベスト Ⅱ』と同様
(DISC-4)
『REMIX OF MUCC』
AICL-3314~7

Sony Music Associated Records

LIVE data

MUCC 20TH ANNIVERSARY
97-17
羽化-是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-

4月8日(土) 17:00
Zepp Nagoya
1Fスタンディング-6000円(整理番号付・別途ドリンク代必要) 2F指定-6000円(別途ドリンク代必要)
※未就学児童は入場不可。
ジェイルハウス[TEL]052-936-6041
Pコード:311-279

チケット情報はこちら


LINK

MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17“飛翔” Special Site
http://www.55-69.com/20th/