ホーム > インタビュー&レポート > 加藤和樹のアーティスト、俳優、声優など 多彩な顔を一夜で堪能できたスペシャルライブをレポート!


加藤和樹のアーティスト、俳優、声優など
多彩な顔を一夜で堪能できたスペシャルライブをレポート!

加藤和樹が6月7日に「Kazuki Kato Live "GIG" TOUR 2017 -pop'n splash!-」をZepp Nagoyaにて行った。このツアーはライブハウス公演とZepp公演に分かれて開催。東名阪のZeppステージでは、アーティストだけでなく俳優、ミュージカル、声優など様々なフィールドで活躍してきた加藤らしい、特別な嗜好を凝らしたパフォーマンスが繰り広げられた。

オンステージの仕方からスペシャル感は満載で、プロレスの登場シーンのようなアナウンスが場内に響き渡り、なんと客席の扉からバンドメンバーが一人ひとり登場。そして「名古屋が生んだスーパーヒーロー」という紹介がされると、満を持して加藤和樹が姿を現す。「オーケー!行くぜ名古屋!」という加藤の言葉を合図にオープニングナンバー「Vampire」をプレイすると、初っ端から観客のテンションは最高潮だ。サビでは観客にメロディーを歌わせる場面もあり、観客と一緒にライブを作っていく加藤の意思を感じた。「Live "GIG" TOUR 2017へようこそ!」と高らかに言って3曲目「LADY GO!!」の華やかなイントロが流れると、観客のボルテージはさらに上がっていく。アウトロの“ウー!ハー!”というコーラスパートでは、加藤がシャドーボクシングのパフォーマンスをして会場を盛り上げた。

KK_ZEPP2.jpg

故郷である名古屋に帰ってきた喜びをなまりの強い名古屋弁で語ると、「名古屋出身じゃない人は俺が何を喋ったか分からないよね」と笑いを誘う。続いてこの日の会場中のBGMは、「夏を感じる曲」をテーマに加藤とバンドメンバーが選曲したという話に。「選曲が昭和を感じるという意見も来ていますが(笑)、俺は湘南乃風『睡蓮花』を選びました。そして、夏といえばこの曲でしょう」と「夏恋」をプレイ。デビュー10周年となった昨年、「恋の処方箋シリーズ」としてリリースした大事な曲を爽やかに歌いあげた。

KK_ZEPP6.jpg

「ジャンルの垣根を超えて音楽を楽しんでもらう事をテーマに、特別なコーナーを用意しました。これまでドラマや映画、ミュージカルに声優と色んな作品を通して皆さんと出会えたので、声優として歌ったキャラソンやミュージカルの楽曲を感謝の気持ちを込めて歌います」というMCのあとにアニメ「B-PROJECT」(愛染健十)の「LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT」をはじめると、会場からは大歓声があがった。これまで声優やミュージカル俳優として歌ってきた楽曲を、加藤のライブで聴くことを心待ちにしていたファンが多かったのだろう。その他にもアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」(桔梗)の「狂気の花」、ミュージカル「テニスの王子様」(跡部景吾)の「Flaming ice」、ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」の「サ・イラ・モナムール」を歌うと、コーナーの最後にはミュージカル「フランケンシュタイン」の「君の夢の中で」を披露。アンリ・デュプレ/怪物役での壮絶な熱演も記憶に新しいだけに、加藤はステージに膝をつけながらエモーショナルに歌った。

KK_ZEPP4.jpg

一旦加藤がステージを降りると、バンドメンバーによるご機嫌なインストナンバー「Drasticsのテーマ」を演奏。ドラムソロやコールアンドレスポンスで大盛り上がりをみせると、衣装替えをした加藤が再びオンステージ!「後半戦、まだまだ行けるだろ!?」と会場を煽ってヘヴィーなギターリフの「No.1」を届けると、なんとここから本編ラストまでノンストップで9曲を演奏した。「Beach」では観客が一体となってタオルを振り回す壮観な光景になったり、パンダの被り物をしたスタッフが客席に水鉄砲で水をかけたりするなど、楽しげな演出が満載だ。間奏では加藤とキーボードのTOORUが客席に降りて水鉄砲を打つと、観客は嬉しそうな笑顔を見せていた。ラストは「皆、一緒に歌おう」と言って「In the future」を歌い、凄まじい熱気の中で本編を終えた。

KK_ZEPP1.jpg

アンコールでは側転とバク転を決めてド派手に登場すると、バンドメンバーとの仲の良さが分かる和気あいあいとしたトークを展開。「10周年を経て、これからよりいっそう音楽も芝居も邁進していくので期待していてください」という誠実なメッセージを伝えると、「HOME」「靴あと」といったミディアムナンバーを熱唱してステージを締めくくった。

KK_ZEPP3_2.jpg

終演後は会場に詰めかけたファン全員とハイタッチ会を開催。ステージを降りてもファン思いの加藤だからこそ、多くの人に愛されるのだと感じた。今秋にはロック色の強いミニアルバムをリリース予定なので、そちらもお楽しみに。

KK_ZEPP7.jpg


取材・文:菊池嘉人(ぴあ)
写真:源賀津己




(6月19日更新)


Check

Release


ミニアルバム「タイトル未定」

【通常盤】CD
CD収録内容:新曲6曲収録予定

【初回限定盤】CD+DVD
CD収録内容:新曲6曲収録予定
DVD収録内容:リードトラックMusic Video、メイキング映像 収録予定
※CD収録内容は通常盤共通・初回限定盤

STAGE

「罠」

7月13日(木) 15:00
かめありリリオホール
7月15日(土) 13:00/17:00・16日(日) 13:00
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
8月8日(火)~15日(火) サンシャイン劇場
全席指定-8500円
作:ロベール・トマ 演出:深作健太 出演:加藤和樹/白石美帆/渡部秀/初風緑/山口馬木也/筒井道隆

チケット情報はこちら


MUSICAL

ミュージカル「レディベス」

10月8日(日)~11月18日(土) 帝国劇場
S席-13500円 A席-9000円 B席-4000円
11月28日(火)~12月10日(日) 梅田芸術劇場メインホール
S席-13500円 A席-9000円 B席-5000円
劇作・脚本・作詞:ミヒャエル・クンツェ 音楽:シルヴェスター・リーヴァイ 翻訳・演出:小池修一郎
出演:平野綾/加藤和樹/吉沢梨絵/古川雄大/他

チケット情報はこちら