ホーム > インタビュー&レポート > Bentham インタビュー 「眠っていた新たな引き出しを見つけることが出来た」

Bentham インタビュー
「眠っていた新たな引き出しを見つけることが出来た」

昨年メジャーデビューを果たし、今年の春4月4日(水)に1stEP「Bulbous Bow」をリリースした、ハイブリッド4ピースロックバンド・Bentham。今作は新たにプロデューサーとして野間康介を迎えたことで、これまでとは別のアプローチを積極的に取り入れサウンド面での変化を著しく感じる一枚となった。小関竜矢 (Vo./Gt.)・須田原生(Gt./Cho.)・辻怜次(Ba.)・鈴木敬(Dr./Cho.)のメンバー全員に、制作における挑戦からメジャーデビュー2年目への想いまで話を聞いた。

「自分たちにはない論理的なアプローチが斬新だった

——今作を作り終えた今のお気持ちはいかがですか?

小関「こんなに多くの人に聴かせたい作品が出来上がったのは、初めてに近い感覚です。今までのBenthamのいいところを残したままでより分かりやすく、さらにサウンド面での変化があった一枚になりました。これでダメだったらもうどうしようもないなっていうぐらいの自信がある、今作は過去最高の自信作ですね」

——プロデューサーに野間康介さんを迎えたことが、サウンド面での変化に繋がりましたか?

小関「今回の変化はそれが一番大きいかなと思いますね。作曲やアレンジに加わっていただいたこともあって、音の処理の仕方などに刺激を受けました。今までギターが弾いているのは2人だったから曲に入れるギターも2本、多くても3本だったんです。でも今回はそこを考えずにどういう音像にしようかと、ドラムとベースの棲み分けをきっちりしながらギターを何度も重ねたりしたので、自分たちも勉強になりました。僕ら4人の強い主張や持ち味が活きた音源だと感じています」

須田「どういうスタンスで進めていくのか分からない状態から始まったので、初めてプロデューサーを交えた時のドキドキ感がまた出てきた制作でした。不安もあったんですけど、野間さんとは初めて会った時から“これは上手くいきそうだな”っていう感覚がみんなあったんですよね」

——波長が合ったという感覚ですか?

「そうですね。野間さんって明るい方で、何を話しても楽しくて。一緒に作業部屋でやり取りをしていて、こっちの気持ちもしっかり汲んでくれつつ提案してくれたことが、僕らにとって分かりやすかったんです。インディーズからメジャーデビューして作った1stアルバム『Re: Wonder』までは、田上さん(FRONTIER BACKYARD・田上修太郎)がずっとプロデューサーについてくれていたこともあって、プロデューサーの違いでこんなに変わるものがあるのかと感じましたね。田上さんは田上さんの良さがあって、野間さんには野間さんの良さがあるんだなっていうのが、自分たちもミュージシャンとしてものすごい勉強になりました」

——野間さんがプロデュースされてきた作品は、LiSAやでんぱ組.incなど女性の方が多いですよね。

須田「だから最初は僕らと一緒に制作するイメージが湧かなかったんですけど、やってみたら思っていたよりもバンド目線で考えてくれるところも多かったんですよ。Benthamとしてやりたいことをちゃんと汲んでくれながら、“でも、こっちもありだと思うよ”っていう様々な選択肢を与えてくれたことは大きかったですね。 いわゆるメジャーシーンで活躍している方を手掛けているという部分での凄みを感じました」

「今まで田上さんと制作していた時は、ライブを中心とした音作りを基本としていたんです。2人のギターの棲み分けやコーラスの重ね方など、一つひとつがライブで出来るように考えていて。そんなライブ重視の田上さんと違って、野間さんは論理的なアプローチを提案してくれたんです。ここに隙間があるからもう一本ギターで埋めて厚みを出そうかとか、そういう方法がすごい斬新で自分たちになかったものでした」

須田「ライブでやってることをCDでもやる、という今までのやり方が根本的に変わりました。でも考えてみると、僕らって今までCDでやってたことをそのままライブでやるのではなくて、ライブではライブのアレンジをしてたんですよ。それならCDってCDのアレンジにしてもいいんじゃないって思えるようになりました。ただ今までやってきてない流れだったので少し抵抗はありましたね。だけど新たな試みとして楽しいことには間違いないから、割り切って挑戦しました」

小関「須田はこれまでとは違う制作を一番感じていたと思います」

「ずっとギター、入れてたもんね」

須田「そうだね。オゼ(小関)と僕のギター2本に対してそれが活きるような下地として弾いてみたり、そういう部分が本当に多くて作業的には大変でした。でも僕って、こうやって音像を構築していく作業が好きなんだなと思ったんです。眠っていた新たな引き出しを見つけることが出来ました」

小関「名言だ!“眠っていた引き出し”だなんて……」

「“名言だ、名言だ”って隣で言ってました(笑)」

一同笑

「メンバー全員、やり残したことなく消化出来た

——自分たちに対しても新たな発見があった制作だったんですね。

須田「実は今までレコーディング中に思いついた音があっても、目指すのはこっちだから今回は入れないというのをやってたんです。だけど今作は野間さんと一緒に作ることで、パッと思いついたことをすぐ体現してみてダメだったらそれで構わないという考え方で進めることが出来た。良いところをどんどん採用していくことで、やり残したことなく消化出来たのは、僕だけじゃなくてメンバー全員感じていると思います」

「今まではスタジオメインでやっていたので一曲通して弾くことに自分の中でこだわりがあったんです。でも今回はそれぞれがワンフレーズにこだわって落とし込んだものを、さらにレコーディングに持っていってブラッシュアップするという、細かいところに向き合う作業が新しかったですね」

——新たな挑戦をしようと気持ちが向いたことは、前作での経験との関係性はありますか?

小関「今までいろんなことを試してやってきたんですけど、結果が出ていない現状に対して何か動きを見せたいって想いがありましたね。前からずっと、街中やテレビで流れた時に“この曲ってなんだろう?”ってなれるような楽曲を作りたいと目指して、各々が抱くやりたいことをやろうと漠然と思いながらも、前作『Re: Wonder』が大ヒットしたわけではないから実現が出来なかった。だから今作はよりたくさんの人に聴いてもらうにはと考えて曲を作って、さらに野間さんをプロデューサーに迎えたことでサウンド面にも変化が生まれて、本当に良い流れでこれました。少しずつ考えていたマイナス面が全部プラスに作用して、わかりやすさを追求することが出来たと感じています」

鈴木「積極的に新しいことをやろうとチームが向かっていけたので、それを楽しみながらやっていきましたね」

小関「CDを出すのもようやく慣れてきまして、制作時における自分たちの気持ちをバンドのグルーヴとして盛り込む姿勢がまとまってきたなと感じています。今って、バンドの回転が速くて消費されがちじゃないですか。バンドを続けていく上でパッと散っていくのか、散らないのか。または踏ん張るのか、進むのか。そういうギリギリでヒリヒリした感じが詰め込むことが出来ましたね。ただメロディはポップなんで、そんなに悲観的になり過ぎずに前向きな5曲にもなったかなと思っています」

「変わらないと進めない時もある。Benthamの変化を見てほしい

——メジャー2年目を迎えました。これまでの一年間はいかがでしたか?

須田「はっ!そうか。1年過ぎてるってことは2年目なのか……。早いですね」

小関「そうだね。この一年は感謝と後悔の繰り返しでした。いっぱいチャンスをいただいいてる中で、“どう結果を残せばいいだろう?”って思うことが多くて。出来ることが限られてるからこそ、周りが華々しく結果を残していたりするのが見えてきて、そんなに上手くいかないなと感じましたね。でも失敗をする度に、メンバーと話し合ってその不安を消す努力をする方向に動くようになりましたし、スタッフも一緒になって動いてくれている。だから、今はちゃんと結果を残したいと強く思っています」

「確かに、がむしゃらに走った一年だったなって思います。須田と同じように2年目だと言われて初めて気付いたぐらい、あっという間でしたね。そうやってがむしゃらだったから、今年は勝負の年だなっていう意識がメンバー全員に自然と生まれていると感じています」

小関「さらに自分たちを信じることと、音楽を楽しむことをちゃんと感じていないと、いい音が出ない、いい歌が歌えないということに気づいた一年でもありました。楽しくやれるには余裕を持とうと、ここ最近特に思い始めましたね。いっぱいいっぱいになると、出来ることは狭まっていっちゃうんで、より良い結果には繋がらない。もうこれだけバンドやっていると、テンパるとかいう年齢でもないですけど、どんな時も余裕を持っていければと思います」

——Benthamにとって勝負の2年目は、リリースツアーから始まりますね。名古屋は6月5日(火)・APOLLO BASEにてセミファイナルです。

小関「長いっすね、そんなあったんですね(笑)。最近ライブがすごくいいと自分たちでも感じているので、今のBenthamを体感してくれたら嬉しいです。ライブアレンジをするのが僕らの持ち味ですし、CDとは違ったところを楽しみつつ、Benthamってこう変わったんだなと新しい発見をしてほしいとも思ってます。バンドで変わるって言うとネガティブに捉えがちなんですけど、変わらないと進めない時もある。『Bulbous Bow』=“前に進む”っていう意味を込めているので、その通りに“Benthamは前に進んでいる”ということを示していきたいです」

「ライブと切り離して音源を音源として作った今作がこのツアーでどう育っていくのか、今から楽しみなんですよね。多くの人に聴いてもらいたいと思って作った5曲でもあるので、ライブでもその気持ちを感じてほしいなと思ってます」

鈴木「これまでライブではやってなかった曲も実は結構あって、最近その曲たちをやったりとかもしてるんです。だから初めて来る人はもちろん、今までずっと来てる人も間違いなく楽しめるツアーになるんじゃないかなと」

「掘り起こしてるもんね。作ってきた曲の幅広さから、ライブでいろんな球を投げれるねって、リハーサルしてて再確認しました」

須田「今までの濃さをそのままに、受け皿を広くしたライブにしたいですね。お客さんにどう届いてるのかを見ながら、リアルタイムで自分たちの感情を出していけたらいいなと思います。そこでしかない空気との相乗効果が生まれて、僕らを知らないお客さんもBenthamを好きになってほしいし、僕らを知っているお客さんにもよりBenthamを好きになってほしい。お互いの関係性がどんどん掛け算になる広がり方を作っていくツアーにしたいです」

小関「“掛け算”って名言だな〜!俺では思いつかない!」

「また名言だなって頷いてたよね(笑)」

須田「いいじゃないか(笑)!」

一同笑

「須田の名言を確かめるために、ライブに来てほしいです!」


インタビュー・文:笠原幸乃




(4月24日更新)


Check

Release


album「Mirror Ocean」

1500円(税込)
PCCA.04643
ポニーキャニオン

LIVE

6月5日(火) 19:00
アポロベイス
スタンディング-3000円(別途ドリンク代必要)
※3歳以上有料。
サンデーフォークプロモーション[TEL]052(320)9100

Pコード:109-500

チケット情報はこちら