ホーム > インタビュー&レポート > MERRY ROCK PARADE 2020 ~OFFICIAL PHOTO LIVE REPORT DAY2〜

MERRY ROCK PARADE 2020
~OFFICIAL PHOTO LIVE REPORT DAY2〜

名古屋・冬のロックの祭典「MERRY ROCK PARADE2020」が12/19(土)、20(日)に開催された。こちらでは開催2日目のライブレポートをお届け。また出演した全アーティストのライブ写真とセットリストを、OFFICIAL PHOTO LIVE REPORTとして掲載。奇跡の2日間がどのように幕を閉じたのか、お楽しみください。

DAY2 LIVE REPORT

 「MERRY ROCK PARADE 2020」の2日目も、BLESS STAGEにてZIP-FMナビゲーターの白井奈津&清里千聖と、主催のサンデーフォークプロモーション・間瀬氏による挨拶からスタート。間瀬氏が「時間と心に余裕をもった行動をお願いします。お願いことばかりで恐縮ですが、この1年で味わえなかった楽しさを感じてもらえたら幸いです」と観客にメッセージを伝える。その後の「愛知が世界に誇るものとはなんでしょう?」という言葉に「この後ステージに立つcoldrainですか!?」と答える白井。「そうです!去年はシークレットアクトとしてMERRY ROCK PARADEの一番小さいステージでライブをしたり、一緒に面白いことができる大事なアーティストです。お客さんの中にも今日のライブが、彼らが主催した『BLARE FEST. 2020』ぶりの方もいるんじゃないでしょうか」とアクトへ繋げる。

 暗転して荘厳なSEが響く中でcoldrainがオンステージ。「THE REVELATION」で幕開けすると、世界基準のラウドロックがBLESS STAGE に鳴りわたった。その後も「ENVY」や「REVOLUTION」など、coldrain らしいアグレッシブな楽曲を立て続けにプレイして、トップバッターにふさわしいステージングをみせる。Masato(Vo.)が「(ライブが)できるだけでいいよな、こんな状況が長く続くなら。こうしてできる事もいろんな対策をしたり皆の努力があってこそのことだと思う。距離をとって楽しむことにはなるけど、気持ちは近いものをもっていてください。来年はこんな状況を抜け出せるように、皆で力を合わせよう」と話すと大きな拍手が沸き起こった。

 MIRAGE STAGEではピアノロックバンド・SHE'Sが、カラフルなサウンドで観客を包み込む。オープニングナンバー「Masquerade」では軽快なサウンドにのせて、観客と一緒にハンドクラップをして一体感を作り上げていく。さらに「Dance with me」では井上竜馬(Vo.&Key.)がハンドマイクでステージを所狭しと駆け回り、観客を笑顔にさせた。続くTOTALFATはJose(Vo/Gt)が「ただいま!今年イチ盛り上がっちゃっていいんですよ!ガッツリいきましょうね」と会場のボルテージをあげると、間髪入れずにShun(Vo/Ba)が「皆で手をあげようぜ、レッツゴー!」と叫んで「PARTY PARTY」をプレイ!パワフルでポジティブなステージングを繰り広げた。最後の曲である「Place to Try」の前にはShunが、「絶対にまた笑って会いましょう。どんな事があっても一人じゃないと、コロナの年になってそれを証明したと思います。距離が遠くても、会えない期間が長くても音楽に限界はない。だからしっかり繋がっていきましょう」と観客へ心のこもったメッセージを伝えた。

 SiMは冒頭からキラーチューン「KiLLiNG ME」をプレイして観客の心を鷲掴みにする。ボーカルのMAH (Vo.)はコロナ禍の鬱憤を晴らすかのように、いつも以上に気迫のこもったシャウトをして風格のあるライブパフォーマンスをみせた。また「GUNSHOTS」では悪魔的な笑みでモンキーダンスをしていた姿が忘れられない。MCでは「バンド、ライブ、生音、爆音、耳鳴り、汗、筋肉痛、全部取り返しにきたぜ!!!!!とはいえ、それでしっちゃかめっちゃかやって感染者がでたらもともこもないので、自分の身を守ることがひいては周りを守ることになるのでぜひ協力してください。あれもダメこれもダメというライブは初めてで。でも、できないことを1、2、3と数えていくよりも、今許されていること、今俺たちにできる事を精一杯楽しむことが一番いいと思うんだ。そうやって自分ができることを思いっきり楽しんでほしいです」とMAHが話すと、思い出したかのように最後にこう語っていた。「あ、そうだ。今、皆声だせないじゃん?俺は『皆の声は(胸をポンポンとしならがら)ココで聞こえてるぜ』っていう人もいるけど、ただ俺は聞こえない声を聴くことは無理で。でも目ではある程度見えているので、手ぶりとかそういう分かりやすいリアクションで返してくれると、スタッフの人たちももっと皆のためにライブを開催したいと思うだろうから、いつもの倍ぐらいおもいっきり楽しんで帰ってください」というMAHらしいメッセージに観客は大きな拍手と笑顔で返していた。続く10-FEETは冒頭に演奏した「VIBES BY VIBES」と「RIVER」で、百戦錬磨のライブバンドらしいユーモアさと貫禄あふれるステージをみせる。「諦めたら終わりやし、諦めへんかった続いていくよ。俺らは行くから、諦めへんやつはどれぐらいおるんや!?」というTAKUMA(Vo./G.)らしいシンプルな言葉に、勇気づけられた観客も多いことだろう。

 2日目も終盤にさしかかってきた頃、BLESS STAGEには地元・名古屋を代表するバンド04 Limited Sazabysが登場。冒頭から「Remember」や「monolith」などのアグレッシブな楽曲にのせて、GEN(Bass/Vocal)が気持ちのこもった歌声を聴かせる。さらにMCでは安定の地元トークで会場を和やかな雰囲気にしたのはさすがだ。終盤にプレイした「Squall」の前にはGENが、「今年はライブができなかったのは仕方のない事だと思うんですけど、皆さんに音楽やライブが必要なように、僕らにとっても皆さんやライブが必要なのでここに立てている事を誇りに思います。ライブはなくても生きられるけど、ないと生きてる感じがしないし、今年は自分の価値観をすごく考えさせられた1年でした。だからこそ自分が本当に大切にしたい人や好きなものがすごくはっきりして。人との距離を求められる時代だけど、だからこそ会うという力がとても強いと感じているので、今日は皆さんからすごいパワーをもらえています」と観客へ語ってエモーショナルに締めくくった。

 ついに2日間にわたる「MERRY ROCK PARADE 2020」の大トリは、メリロとも縁の深いバンドである[Alexandros]。ステージ登場前には特別なナレーションを用意して観客のライブへの期待値をあげると、お馴染みのSE「Burger Queen」が流れてそのままバンドサウンドの演奏へと突入する。高揚感がさらに高まる中で、彼らが一曲目に選んだのは反芻されるギターリフが印象的な「Kick&Spin」。1曲目からまるでクライマックスかのような熱気を生みだす。その後も「Run Away」や「Starrrrrrr」などの楽曲をプレイして、会場を[Alexandros]の世界観に染めあげていく。さらにクリスマスが近いという事から、MCの途中で川上洋平(Vo./Gt.)がアコースティックギターで「12/26以降のクリスマスソング」を披露する最高のクリスマスプレゼントも。磯部寛之(Ba/Cho)と白井眞輝(Gt)も「会えて本当に嬉しいです、皆さんの協力あってこその開催だと思います」と感謝を伝えた。川上は「皆さん、2日間拍手しすぎて手痛いですよね。それなのにこんなに拍手で応えてくれて本当にありがとうございます。寂しいですけど後半戦いきましょうか、心の中ではいくらでも歌って良いので、皆さんそのつもりでよろしくお願いします」と伝えた。普段は大合唱が起きる「Adventure」を最後の曲としてプレイしたことも、このライブへ懸ける[Alexandros]の想いが伝わってきた。観客たちが大合唱する姿が目に浮かぶ中で、「MERRY ROCK PARADE 2020」のステージは幕を閉じた。

 2020年はコロナ渦によってすべての人が困難に直面した年だった。この年の瀬に「MERRY ROCK PARADE 2020」を無事に開催することができた要因は、来場者すべてが細かく決められたルールを徹底して守り、思いやりを忘れずに参加したことに他ならない。主催者側が対策を準備していたことももちろんだが、それを観客がしっかり守ったことによって「MERRY ROCK PARADE 2020」の祝祭空間が作り上げられたのだ。

 年が明けた1/5には公式ホームページにて、会場や主催者サイドに保健所などの関係機関から「公演会場を感染源とする感染者の発生」に関する連絡は入っていないことが発表された。音楽やエンターテインメントを愛する人たちにとって、「MERRY ROCK PARADE 2020」が一筋の希望となれば幸いだ。2021年はコロナ渦が収束して、エンターテインメントの世界がもとどおりになることを切に願う。最後に1日目に出演したHEY-SMITHの猪狩秀平(Gt./Vo.)が観客にかけた言葉で、このレポートを締めくくりたいと思う。

「日本には色んな現場や考えた方があるけどさ、このロックの現場の人たちが、一番ルールやマナー守ってると思わへん?こんなに嫌われ者のはずだったロックが、今一番正しいことをしていると自信もって言えます。そういうのを守るのってマジで素晴らしいことだと思う。ほんまにその一人ひとりの力強さをリスペクトします。ほんまは声も出したいけど、次の遊び場を自分たちで守らなあかんっていう気持ちがあるんやんな。俺もあります。それはロックや音楽を愛しているお前らだからできることやと思います。その音楽を愛する気持ちと一緒ぐらい、今のかっこいい自分を愛してください」

取材・文:菊池嘉人(ぴあ)

==========================
DAY1 LIVE PHOTO & SETLIST

BLESS STAGE coldrain

cr_010.jpgcr_002.jpg

cr_007.jpgcr_012.jpg

セットリスト
1. THE REVELATION
2. ENVY
3. REVOLUTION
4. THE SIDE EFFECTS
5. MAYDAY
6. FINAL DESTINATION


PHOTO:タカギユウスケ

==========================
MIRAGE STAGE SHE'S
 

1220shes-47.jpg1220shes-57.jpg

1220shes-32.jpg1220shes-27.jpg

セットリスト
1.Masquerade
2.Un-science
3.Your song
4.letter
5.Dance with me
6.The Everglow

PHOTO:古川喜隆

==========================
BLESS STAGE フレデリック

DSC_4551.jpgDSC_4770.jpg


DSC_4557.jpgDSC_4820.jpg

セットリスト
1.オンリーワンダー
2.KITAKU BEATS
3.シンセンス
4.正偽
5.Wake Me Up
6.オドループ


PHOTO:郡元菜摘

==========================
MIRAGE STAGE TOTALFAT

tf_015.jpgtf_022.jpg


tf_007.jpgtf_009.jpg

セットリスト
1.PARTY PARTY
2.My Secret Summer
3.Get Up Thrill Seekers
4.Smile Baby Smile
5.World of Glory
6.Place to Try


PHOTO:タカギユウスケ

==========================
BLESS STAGE SiM

1220sim-31.jpg1220sim-20.jpg

1220sim-24.jpg1220sim-10.jpg

セットリスト
1. KiLLiNG ME
2. Amy
3. GUNSHOTS
4. BASEBALL BAT
5. Devil in Your Heart
6. Blah Blah Blah


PHOTO:古川喜隆

==========================
MIRAGE STAGE 緑黄色社会

DSC_4670.jpgDSC_4790.jpg


DSC_4678.jpgDSC_4775.jpg

セットリスト
1.Shout Baby
2.inori
3.想い人
4.sabotage
5.Mela!


PHOTO:郡元菜摘

==========================
BLESS STAGE 10-FEET

tf_012.jpgtf_001.jpg


tf_021.jpgtf_008.jpg

セットリスト
1. VIBES BY VIBES
2. RIVER
3. ハローフィクサー
4. その向こうへ
5. シエラのように
6. ヒトリセカイ


PHOTO:タカギユウスケ

==========================
MIRAGE STAGE Fear, and Loathing in Las Vegas

1220vegas-33.jpg1220vegas-52.jpg


1220vegas-9.jpg1220vegas-36.jpg

セットリスト
1.Acceleration
2.Crossover
3.Shape of Trust
4.Rave-up Tonight
5.Party Boys
6.Massive Core


PHOTO:古川喜隆

==========================
BLESS STAGE 04 Limited Sazabys

DSC_4992.jpgDSC_4953.jpg


DSC_4878.jpgDSC_4904.jpg

セットリスト
1. Remember
2. Any
3. monolith
4. fiction
5. Kitchen
6. climb
7. swim
8. midnight cruising
9. Squall
10.message


PHOTO:郡元菜摘

==========================
MIRAGE STAGE BIGMAMA

013.jpg014.jpg


003.jpgbigmama1234.jpg

セットリスト
1.セントライト
2.MUTOPIA
3.秘密
4.荒狂曲"シンセカイ"
5.My Greatest Treasure
6.誰もがみんなサンタクロース


PHOTO:タカギユウスケ

==========================
BLESS STAGE BLUE ENCOUNT

1220blue-39.jpg1220blue-36.jpg


1220blue-34.jpg1220blue-43.jpg

セットリスト
1. もっと光を
2. NEVER ENDING STORY
3. バッドパラドックス
4. VS
5. DAY×DAY
6. ハミングバード


PHOTO:古川喜隆

==========================
MIRAGE STAGE 打首獄門同好会

DSC_5274.jpgDSC_5123.jpg


DSC_5084.jpgDSC_5091.jpg

セットリスト
1.新型コロナウイルスが憎い
2.足の筋肉の衰えヤバイ
3.筋肉マイフレンド
4.布団の中から出たくない
5.はたらきたくない
6.私を二郎に連れてって
7.牛乳推奨月間
8.島国DNA
9.おどるポンポコリン
10.日本の米は世界一


PHOTO:郡元菜摘

==========================
BLESS STAGE [Alexandros]


004.jpg008.jpg

アレキ34.jpg042.jpg

セットリスト
1. Kick&Spin
2. Beast
3. Run Away
4. Starrrrrrr
5. ワタリドリ (Acoustic ver.)
6. 風になって
7. Adventure


PHOTO:タカギユウスケ

==========================

MERRY ROCK PARADE2020 OFFICIAL PHOTO REPORT STAFF

director:阿部慎一郎(ぴあ)、菊池嘉人(ぴあ)
photographer:古川喜隆、郡元菜摘、タカギユウスケ

==========================




(1月20日更新)


Check

LIVE

MERRY ROCK PARADE 2020

12/19(土)・20(日)
ポートメッセなごや1~3号館
【アーティスト DAY1】
アルカラ / THE ORAL CIGARETTES / 9mm Parabellum Bullet / KEYTALK / go!go!vanillas / Saucy Dog / SHISHAMO / sumika / SUPER BEAVER / BURNOUT SYNDROMES / HEY-SMITH / マカロニえんぴつ / ヤバイTシャツ屋さん

【アーティスト DAY2】
[Alexandros] / 打首獄門同好会 / coldrain / SHE'S / SiM / 10-FEET / TOTALFAT / Fear,and Loathing in Las Vegas / BIGMAMA / BLUE ENCOUNT / フレデリック / 04 Limited Sazabys / 緑黄色社会