ホーム > インタビュー&レポート > B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI 激戦が続く2日目をレポート! あの罰ゲームをひそかに実行!?

B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI
激戦が続く2日目をレポート!
あの罰ゲームをひそかに実行!?


9月7日(金)・8日(土)・9日(日)の3日間で行われている「B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI」。
参加チームは、三遠ネオフェニックス、シーホース三河、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、Fイーグルス名古屋、茨城ロボッツ、アースフレンズ東京Zの6チーム。

1日に3試合行われ、全チームの試合が見ることができる大会2日目を観戦してきた。6チームの試合が行われるため、それぞれのチームカラーやグッズを身に着けたファン・ブースターで会場はにぎわっていた。

1試合目は、7日(金)の試合で惜しくも負けてしまったFE名古屋と東京Zによる5位6位決定戦。結果は83-62でFE名古屋が20点以上の差をつけ勝利。2試合目は多くの新加入選手がスタメンに名を連ねた三遠対名古屋Dの準決勝。三遠が4クオーター残り36秒で追いつき、オーバータイムまでもつれ込む大接戦になったが、最後は75-89で名古屋Dが勝利した。
もう一つの
準決勝は、B2の茨城とB1で2年連続ベスト4入りの三河の対戦。三河の金丸が1クオーターだけで12点を記録するも、2クオーターまでは取って取られてのシーソーゲーム。しかし、最終的には95-64と三河が茨城を圧倒した。

b_sub01.jpg


b_sub02b.jpg


b_sub02.jpg


b_sub03.jpg


ハーフタイムや試合の合間にはゲストで来場していたBOYS AND MENの弟分「祭nine.」やチアによるパフォーマンスが行われ、試合以外の時間も常に会場は盛り上がっている状態。なかでも会場に一体感が生まれたのが6チームのチアによる合同パフォーマンス。コートを目一杯使って魅せるダンスは迫力満点だった!

b_sub06.jpg

b_sub05.jpg


ぴあではB.LEAGUE EARLY CUPレポートの裏テーマとして、8月19日(日)にイオンモール大高で行われた「秋ぴあ×B.LEAGUE EARLY CUP」イベントのフリースロー対決で負けた三遠・長谷川智伸選手、名古屋D・中東泰斗選手、満田丈太郎選手の罰ゲームの行方を追っていた(※罰ゲームの内容とは、アーリーカップ当日にイオンモール大高の「大」の字を身体で表現するというもの)。

初戦に勝利した名古屋Dとホーム三遠との準決勝前、3人はウォーミングアップのためにコートに入ってくると静かにセンターサークルに集まり、客席に向かって息のあったジャンピング大の字ポーズ3連発を披露した。ウォーミングアップ前の客席の入れ替えタイミングで行われたため、見ることができなかった方もいるかもしれないが、しっかりと公約通り罰ゲームを実行していたのだ。こっそりやることもできただろうが、イベントに来てくれたファンの方にも見てもらえるようにとこの場を選んだ3選手のファンファーストな思いが伝わる場面だった。

b_sub04.jpg


明日は、三遠対茨城の3位決定戦と名古屋D対三河の決勝戦の2試合が行われる。
東海NO.1は一体どちらのチームになるか注目が集まる。

 

 




(9月 8日更新)


Check

SPORTS

B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI

9月7日(金)~9日(日)
豊橋市総合体育館
[9日]
プレミアムシートR/3位決定戦-8000円(指定)  自由席(2階)大人-2000円 自由席(2階)小中高-1000円/他
※試合開始時間、開場時間は変更の可能性あり。詳しくは公式HPをご確認ください。お席の場所によりましては見えづらい場合あり。指定席のみ試合ごとに席の入替えあり。対象の試合以外の同日開催試合は、2階自由席で観戦可。自由席は満席の場合、立見の可能性がございます。ご了承ください。

サンデーフォークプロモーション
[TEL]052(320)9100

▼公式サイト
https://www.bleague.jp/earlycup2018/tokai/