長野県のイベント:[演劇]

人気エッセイが朗読劇に<br>三田佳子、井上順ほか出演
長野県
人気エッセイが朗読劇に
三田佳子、井上順ほか出演

大正12年生まれの作家・佐藤愛子が出版したエッセイ集「九十歳。何がめでたい」。世間のさまざまな物事に憤り、まっすぐにモノ申す本作は「笑って泣いて、勇気をもらった」と評判を呼び、125万部を突破。そして、作者と同時代を生きてきた石井ふく子が演出を手掛ける朗読劇として上演が決定した。佐藤愛子役を女優・三田佳子が務め、彼女を取り巻くユニークな登場人物を井上順、石野真子、高田翔(ジャニーズJr.)が演じ分ける。自由な発想や語り口で痛快に世の中を斬る本作を観れば、心がスッキリすること請け合いだ。

朗読劇「九十歳。何がめでたい」
12月20日(木)
ホクト文化ホール 中ホール
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中