ホーム > NEWS > 魅力のない街No.1なごや、ホントに思ってる? 実演ありの「なごやじまん」出版記念イベントも開催

魅力のない街No.1なごや、ホントに思ってる?
実演ありの「なごやじまん」出版記念イベントも開催

「大いなる田舎」と言われて幾久しく。
はては2016年に市が自ら公表した都市ブランド・イメージ調査結果にて、「魅力がない街No.1」の烙印が押されてしまった名古屋市。
観光名所がない、自分の町に自信がない、など様々に言われてしまっているが、住んでいる人たちからの不満の声はほとんどない。
そう、住んでいる人たちにとっては名古屋はまさにミヤコなのだ。
 
そんな住めばミヤコの名古屋市の魅力を改めて取り上げ、声を大にして“じまん”しようじゃないか。
そんな書籍「なごやじまん」が8月28日(月)に発売となる。

<書籍内容(一部)>

●熱田神宮 大半の参拝者が初手から間違い!? 最初にくぐるべき門はココ
●カトレヤで交歓される松坂屋の「名古屋愛」と名古屋人の「松坂屋愛」
●「ういろうってこんなに・・・!」 もちもち食感に驚き
●ナナちゃん人形 衣装だけじゃなく顔や体も変身 世界一自由なパブリックアート 
●「喫茶店」というジャンルそのものが「名古屋めし」
●ちくさ正文館書店 ベストセラーは置かない 一見地味だが反骨の本屋
●得三 夜な夜な次の何かが生まれるライブハウス兼飲み屋 などなど
 
 
著者は、「名古屋の喫茶店」「名古屋めし」「名古屋の居酒屋」などの書籍で、いまや名古屋ネタライターとしておなじみの大竹敏之氏。
 
そして、本の発売日となる8月28日(月)にTOKUZOにて出版記念イベントの開催が決定!

nishikawa_hukuzo.jpg
写真左:西川千雅/写真右:雷門福三
 
著者の大竹敏之氏を迎え、誌面では語りきれなかった名古屋の魅力を語りつくす。
さらに、誌面でも紹介する日本舞踊西川流四世家元の西川千雅、落語家の雷門福三がゲストて登場。
西川千雅は「名古屋をどり」の実演を、雷門福三は名古屋を題材とした落語で笑いを誘う。
 
他エリアから何を言われても構わない。
改めて名古屋の魅力を感じ、“なごや愛”をみんなで共有し合おう。



(8月 9日更新)


Check

書籍情報

『なごやじまん』

大竹敏之:著
1500円+税
8月28日(月)発売

出版記念イベント

大竹敏之

「なごやじまん」出版記念
大竹敏之トークライブ
〜魅力のない街No.1なごや、ホントに思ってる?〜

8月28日(月) 19:30
TOKUZO
全自由席-1000円(別途ドリンク代必要)
※限定!「なごやじまん」なおまけ付き
出演:大竹敏之/西川千雅(日本舞踊西川流四世家元)/雷門福三(落語家)/他
TOKUZO[TEL]052-733-3709
Pコード:636-409

チケット情報はこちら