ホーム > NEWS > 名古屋市公会堂が4月より休館 ロック・コンサートの歴史を振り返るイベント開催!

名古屋市公会堂が4月より休館
ロック・コンサートの歴史を振り返るイベント開催!

全国で会場不足が叫ばれている昨今、ここ名古屋も例外ではなく、主要な会場がここ数年で改修・閉館を発表している。
2017年には愛知県芸術劇場コンサートホールが、2018年には中日劇場、愛知県芸術劇場大ホールの改修・閉館が発表されている。
そんな危機的状況のなか、60年代より多数の人気ロックアーティストのコンサートを行ってきた名古屋市公会堂までもが、今年4月より改修工事により休館してしまう。
これまでレッドツェッペリン、ディープパープル、デヴィッドボウイ、イエス、エリッククラプトン、ジェフベック、サンタナなど、200以上もの大物ロックアーティストがコンサートを行ってきており、ロックの殿堂とも言える会場だ。
 
休館を前に改めてその軌跡を振り返ろうと、2月6日(月)~3月30日(木)まで、名古屋市公会堂で開催したロックコンサートから、海外アーティストを中心に、宣伝ポスター、プログラム、サインなど約300点を展示する。
また初日となる2月6日(月)には、ロックライターの大友 博氏を迎えて、CBCテレビアナウンサー重盛啓之と共に、名古屋市公会堂とロック・コンサートについてのトーク・ライブを開催する。
(事前応募必要。1月31日(火)必着なのでお急ぎを!!)
 
2月6日(月)にはジェフ・ベックが、休館前最後となる3月30日(水)には、ロックではないものの海外の人気アーティストであるイディナ・メンゼルのコンサートが決定している。休館を前にまだまだ新たな伝説が生まれるかも!?
名古屋市公会堂のロックの歴史を、自らの思い出を重ね合わせながら振り返ってみよう。

 
 
「名古屋市公会堂とロック・コンサートの半世紀」
 
<トーク・ライブ>
2月6日(月)15:00開場/15:30開演
名古屋市公会堂4階ホール
※入場希望者は
〒460-8405 CBCテレビ事業部「公会堂トーク・ライブ係」
あてに官製はがきに住所、氏名を明記の上、ご応募ください。
締切:1月31日(火)必着
※200名様をご招待。当選者は入場券の発送をもってかえさせていただきます。
 
<特別展示>
2月6日(月)16:30開場/19:00終了
名古屋市公会堂4階ホール
入場無料
※この日は、ジェフ・ベック公演の入場券の有無に関わらず、上記時間に一般の方も展示をご覧いただけます。トーク・ライブは、ジェフ・ベック公演の入場券をお持ちの方も、事前応募が必要です。
※翌日以降は、公会堂館内地下展示室にて3月30日(木)まで展示。毎日10:00~17:00。


【お問い合わせ】
CBCテレビ事業部[TEL]052-241-8118



(1月27日更新)


Check

今後のコンサート予定

JEFF BECK

2月6日(月) 19:00
名古屋市公会堂
S席-12000円 A席-11000円
※未就学児童は入場不可。
CBCテレビ事業部[TEL]052-241-8118
Pコード:311-104

チケット情報はこちら


イディナ・メンゼル

3月30日(木) 19:00
名古屋市公会堂
S席-11000円 A席-10000円
※未就学児童は入場不可。
CBCテレビ 事業部[TEL]052-241-8118

チケット情報はこちら