ホーム > NEWS > 9月開幕W杯日本代表へのアピールのチャンス 仏の名門チーム「クレルモン」と激突!

9月開幕W杯日本代表へのアピールのチャンス
仏の名門チーム「クレルモン」と激突!

2月2日(土)、岐阜メモリアル長良川競技場で開催される「バローグループ presents 日仏ラグビーチャリティマッチ2019 ~FOR ALL 復興~」で、国内最高峰のトップリーグ(TL)選抜チームとフランスのプロリーグ「TOP14」のASMクレルモン・オーヴェルニュが対戦する。TL選抜には、昨秋の日本代表のヨーロッパ遠征に参加した選手らが参加。9月に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会の代表メンバー生き残りをかけてアピールする、数少ない機会となる。
 
東日本大震災などの自然災害に対する復興支援を目的とするチャリティマッチ。これまではTLのオールスター戦として行われたり、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に参戦する日本のサンウルブズとTL選抜が対戦したりしてきた。今回のクレルモンとの対戦は、世界で最も成功しているリーグであるTOP14との交流を深め、TLを世界的リーグへと成長させるための一歩となる。運営サイドは、将来的にTL王者と世界的な強豪クラブとの対戦を視野に入れる。
 
1911年、仏ミシュラン社のラグビークラブとして創設されたクレルモンは、TOP14で優勝経験を誇る名門。今シーズンもリーグ首位に立っている(1月25日現在)。今回の来日メンバーは、主将で仏代表46キャップを誇るFW第3列のダミアン・シュリー、オーストラリア代表18キャップのLOシタレキ・ティマニ、サモア代表11キャップのWTBティム・ナナイ・ウィリアムズら、経験豊富な顔ぶれがずらりと並ぶ。欧州6カ国対抗に出場する選手を除く、チームの主力メンバーだ。
 
対するTL選抜も負けていない。前回W杯の日本代表メンバーであるCTB立川理道(クボタ)を筆頭に、サントリーからは昨秋の欧州遠征に参加したHO堀越康介、CTB梶村祐介、リーグ戦全試合出場のWTB尾崎晟也ら、2018年度のTLを制した神戸製鋼からはNO8中島イシレリ、SH日和佐篤、FB山中亮平ら、サンウルブズや日本代表で活躍したFL松橋周平(リコー)、強力スクラムを誇るヤマハ発動機のPR山本幸輝、LO大戸裕矢らが参加予定だ。
 
神戸製鋼のデーブ・ディロンヘッドコーチが監督をつとめるTL選抜の面々にとって、クレルモンとの実戦は日本代表やサンウルブズ入りを代表首脳陣に訴える、希少な国際試合となる。昨秋から日本代表を外れている立川は「与えられたチャンスで結果を出したい。一貫性を持ってパフォーマンスを出すことがアピールになる。諦めずにやっていきたい」と、チャリティマッチに向けた意気込みを語っている。チケット発売中。

取材・文:野村周平



(1月28日更新)


Check
立川理道選手(クボタピアーズ)
梶村裕介選手(サントリーサンゴリアス)
尾崎晟也選手(サントリーサンゴリアス)
仏の名門チーム「クレルモン」

『日仏ラグビーチャリティマッチ2019
~FOR ALL 復興~』

トップリーグ選抜 vs ASMクレルモン・オーヴェルニュ

チケット発売中 Pコード:597-660
▼2月2日(土) 14:00
会場:岐阜メモリアルセンター長良川競技場 (岐阜県)
お問い合わせ先:チケットナビダイヤル■0570-02-9551
<カテゴリー1> 5,000円 ※指定席
<カテゴリー2> 3,000円 ※エリア内自由 / 小中高 1,500円 ※エリア内自由/高校生は試合当日要生徒証
<カテゴリー3> 2,000円 ※エリア内自由 / 小中高 500円 ※エリア内自由/高校生は試合当日要生徒証
<車椅子エリア> 2,000円 ※介助1名無料

チケット情報はこちら