ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main15.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十五回 「日米オールスター考」

 

メジャーは30球団もあるので、30年に一度しかその街にやってこない


僕の子供の頃のオールスターといえば、やはり王貞治さん、長嶋茂雄さんが出場しているすごく華やかな記憶ですね。選手や個人の成績で単純に一喜一憂しなくていいので、楽しんで見ていましたね。でも、いざ実際にこういう仕事をするようになってからの最初のオールスターの時、ちょっと残念だったことがあるんです。日本のオールスターって昔は3試合、今は2試合あるんですよね。だから選ばれるのは名誉と思いつつも、他の選手が休んでいる間も休めないからしんどいな、という選手もいて。ケガを抱えていたりもしますからね。「実際の選手たちの感覚って、こんな感じなのか……」と思いました。しかしこれはあくまで私見なのですが、その感覚が、野茂英雄がメジャーリーグのオールスターに出た時にガラッと変わったと思っているんです。それまでは「確かに選ばれるのは嬉しいけど、ノルマでやらされてる感もある」ような位置づけだったのが、あの出来事をきっかけに「オールスターとは名誉なものなんだ。もっともっと楽しむべきものなんだ」と選手たちが思うようになったと。それまで僕もお祭りだと思って見ていたものが、現場に入ると「けっこう嫌々やっている選手もいるんだなあ」なんて思ったぐらいですからね。もちろん初選出やファン投票、今では選手間投票で選ばれた選手はとても喜ぶわけですが、それを野茂が変えてくれた。メジャーはたった1試合しかないですし、そこに出ることがどれだけ名誉なことなのかということがすごく表れる。そして出た以上は楽しまなきゃって雰囲気がすごくある。

僕は1988年にメジャーのオールスターを見に行っているんです。シンシナティのリバーフロントスタジアムという球場で行われた時ですね。当時はカンセコやマグワイアなんかが出場していましてね。僕の大好きなカービー・パケットなんて選手も出場していましたし、まずはあの雰囲気が最ッ高に良い。前日から街中にのぼりが飾ってあったりして、開催地の街からしてお祭りムードなんです。驚いたのは僕らは日本からの報道陣でプレスパスももらっていたんですが、申請が遅かったのもあって席が足りなくてずっと立見だったこと。だから試合の間じゅうぐるぐるとスタジアムを回りながら観ていました。グラウンドレベルにも降りることができましたが、どちらを見てもオーラのある選手だらけでもう圧倒されるばかりでした(笑)。メジャーは30球団もあるので、単純計算でいえば30年に一度しかその街にやってこないわけです。あれを見ているとオールスターって年に1回、1試合でいいよなって思いますよね。そうすれば選手の考え方やモチベーションがもっと変わってくる。オールスターが選手のステータスを高めることになり、選手のプライドにもつながって、球界全体でもっと大きなプライドになっていくと思います。だから僕は日本も1試合でいいと思うんですけどね。それにメジャーのオールスターは勝ったリーグにプレーオフでのホームゲームアドバンテージが与えられるので真剣さもありますし、何より「オレの能力を最大限に見せてやろう」みたいなものが見られます。そしてオジー・スミスのような選手が選ばれるというのもいい。彼はバッティングは決して良いわけではないんですが、とにかく守備が上手い。そういう部分を評価されて選ばれる、ということが日本でももっとあっていいのではないでしょうか。一人ひとりの特徴がもっと出ればいいのになと。ただ人気の選手が出ているだけではなくね。



シーズンを気にせず、プロの凄さを見せる采配を


日本のオールスターを生で見たのはこの仕事を始めてからです。憶えているのは江川卓が8連続三振を奪った1984年のオールスター。ナゴヤ球場のバックネット裏で見ていたことを思い出します。1998年のナゴヤドームで行われた試合は、全国ネットのテレビ中継を実況しました。実況が始まって最初の口上は今でもよく覚えています(笑)。アメリカのオールスターがなぜ始まったのか、そもそもニューヨーク・ジャイアンツのカール・ハッベルが投げてニューヨーク・ヤンキースのベーブ・ルースが打つところが見たい、という少年の投書からスタートしたんです、と。日本のオールスターもそうしたドリームゲームになってほしい、と言いました。僕の理想論を最初に謳いあげたんですよねえ。それまでにメジャーを見ていて、そこに少しでも近づければいいなあ、と。日本でも12年に一度ならもっと盛り上がりも変わってくると思います。もう1回、見に行きたいんですよね。メジャーのオールスターを、ねえ……。

さて今年のオールスターですが、甲子園でやるのに阪神の選手が少ないのは意外でしたね。しかも珍しいことに、セ・リーグで外国人の選出が多い。さらに首位打者争いをしているドラゴンズのルナが選ばれていない。外国人枠は4枠あるんですが、ファン投票あるいは選手間投票で選ばれた場合にはその限りではないとされているにもかかわらず、ファン投票と選手間投票でもう5名ほどが選ばれているわけです。これでは監督推薦でもルナを入れられない。我がドラゴンズからは山井大介、大野雄大、福谷浩司と投手が3名に大島洋平、谷繁元信選手兼任監督が選ばれましたが、頑張ってほしいですね。谷繁さんは去年3位に入っていれば、選手兼任コーチだったんですけどねえ(笑)。2試合あるので、福谷や山井にもどこかで必ず出番はあるでしょう。これがメジャーだと1試合なので、選ばれても出場できないこともあるのでね。しかし今年はパ・リーグも面白いですよ。大谷翔平が楽しみです。先発投手として8勝、打っては3番打者です。日本の場合はどうしても監督さんがシーズンを見越した起用をしたりしますので、それはちょっとやめてほしいなとここで言っておきましょう(笑)。だから以前、藤川球児を連投させた岡田彰布元監督の姿勢は僕はすごくいいことだと思いました。藤川という投手のすごいところを見せる、ものすごいストレートに観客がどよめく。今回ならば大谷の速球がそうなることを楽しみにしています。時速160キロの速球はなかなか出るものではないでしょうけど、セ・リーグのすごいバッター、セのエースとの投げ合いの中でアドレナリンを出してほしいですね。そうすれば野球ファンも増えるし、あまり野球を知らない方もすごいな、と思うでしょうしね。そうやって、日本のオールスターももっと華やかにできればいいんですけどね。


次回はちょっと早いですが、優勝争いの行方や個人タイトルの予想をしてみましょう。


(7月17日更新)

Check