ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main01.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第1回 「アナウンス研究会の思い出」

 

「優勝した中日を実況できるんだから、いいよなあ」


今回は連載のスタートということで、まずは自己紹介をしたいと思います。私がアナウンサーを志したのは、やっぱり大学で「アナウンス研究会」に入ったことが大きかったんですね。もともと放送には興味があって、たまたま同じクラスの子がアナウンス研究会の主催するコンサートのチケットを僕に持ってきたところがきっかけでした。そこでは一流企業に入ることよりも、一番の出世が本物のアナウンサーになること。しかもそのクラブの一番の先輩が、元フジテレビの逸見政孝さん(故人)でしたからね。そういう関係もあって、将来なれたらいいな、と思ったのが最初です。
僕は早稲田大学なんですけど、東京六大学野球は春秋とリーグ戦をやっていますよね。僕は実況をやりたかったので、神宮球場にカセットテープレコーダーを持って一塁側内野スタンドの上の方で実況をしていたんです。そのダイジェスト版を学園祭で流す。実況人生はそこから始まりました。そしてCBCにいた先輩から「スポーツアナウンサーが欲しいんだけど、どうだ?」と声をかけていただきましてね。自分は三重県の津市出身なものですから、もう渡りに船。CBCだったらテレビもラジオも両方あるし、いいなと思って決めました。昭和50年入社です。昭和49年にドラゴンズがジャイアンツのV10を阻止して、昭和29年以来20年ぶりの優勝を果たした翌年です。「お前いいところ決まったなあ。優勝した中日を実況できるんだから、いいよなあ」と仲間に言われたものです。

「僕の位置づけは色物的スポーツアナウンサー」


大学時代には野球実況以外にもいろいろやりましたよ。学園祭で発表する番組ではおちゃらけた番組もやったりしてね。一番記憶に残っているのは「放送禁止歌大全集」という番組ですね。一般の放送局でかけられない放送禁止の曲ですが、学校の学園祭ならかけられるわけです。ウチのクラブはけっこう立派なスピーカーを持っていましてね。サテライトスタジオなんて作ってその前に人を集めて番組発表をするんです。ちゃんとタイムテーブルも作って、自分は何時何分から担当するなんて決めて。良い時間は取り合いになりました。僕は文化放送やニッポン放送に先輩がいたので、「放送禁止」とハンコを押してあるレコードをそこから借りてきて、それをかける番組を作ったわけです(笑)。だいたいそんなふざけたことをやってましたね。良い時代でした(笑)。イヤらしい歌とか、反体制の歌とか、ガンガンかけてね。僕、入社してからもそうなんですけど、そういう色モノみたいなものもやってきたんですよ。バラエティもできたことは、自分はとても幸せだったなと思います。もちろん野球実況もやりますけど、「サンデードラゴンズ」のようなドラゴンズの番組ができたのも、いわゆる僕らが「色物」と呼んでいる、ディスクジョッキーとかクイズ番組、バラエティ色豊かなものをやってきたからですね。その経験はすごく役立ったと感じています。僕の局内での位置づけは、「色物的スポーツアナウンサー」という感じです(笑)。でもスポーツアナってスポーツ一本でマジメにきている人が多いんです(笑)。その中で僕はいろんな色物もやってこれたのは、すごく幸せなことだったと思います。

次回は実際の取材現場のお話をしつつ、わが中日ドラゴンズの話もしていこうと思います。
 
 


(4月23日更新)

Check