ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main10.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十回 「続けていること」

 

「“続けていること”についての数字の凄さ」


プロ野球における数字というのは、実はけっこう曖昧なものだと思っています。例えば投手の勝利数も防御率も自分ひとりで作れるものではないでしょう? ピッチャー自身としても自分で出したランナーを打ち取れるか、打ち取れないかで自責点が変わって、すると防御率が変わってきます。数字というのは選手を相対的に見るにはいいんですけど、必ずしも正確な数字にはならないわけです。打者の記録にしても、球場の大きさなどが影響してくる。そりゃブランコも横浜スタジアムがホームならホームランも増えますよ、とね(笑)。記録というのはある程度の目安に過ぎなくて、絶対的なものではないといえるかもしれません。ただね、“続けていること”についての数字の凄さはあるかもしれません。僕がすごいと思うのは、岩瀬仁紀投手のシーズン50試合以上登板が、入団以来15年連続で続いていること。それと9年連続30セーブ以上。これはすごい数字です。いくら良い選手でも、2年目、3年目でケガをしてダメになるケースも多い。あんなに素晴らしかった浅尾拓也投手ですらケガをしてしまうことがある。それを思えば入団以来10年以上も50試合以上の登板を続けているということの凄さがわかると思います。アスリートとしての体力面はもちろん、それに伴う技術力という点で、この数字は素直にすごいと思えます。続けようにもストッパーを任される信頼を得るピッチャーであり続けなければ試合に使われないわけで、数字を伸ばすための起用はできない。これは他人の影響をあまり受けていない記録といえるのではないでしょうか。

その岩瀬投手もここ何年かは衰えただの言われるようになってきましたが、それでも今季も30セーブ以上を挙げているわけです。しかも2013年はここ数年と比べて良くなっているような気もするんですよね。スライダーのキレとかね。彼の発言で忘れられないのは、「進化しなければいけないんです」というもの。同じことをやっていては相手も研究して対応してくるわけですから、長く抑えのエースを続けられない。そこで今季はアマチュア時代に投げていたナックルを投げるようになりましたし、キャリアの中ではシンカーのような球種も増やしてきました。それも非常に有効な武器となりました。もともとは高速スライダーがすごい投手だったんですが、年齢は重ねても進化することを忘れずに、結果を出しているというのもすごいことです。


「名前からして、どこかに気の小ささが出ているんです」


長く続けているといえば、30年目のシーズンも無事に終えた山本昌投手がいますね。こう言っては何ですが、すんごいしつこいですよね(笑)。投球スタイルからしてしつこいですから(笑)。ランナーを出してもどうにかこうにかして抑える。あの気持ちの粘っこさというのも才能なんでしょうね。彼がこれだけつづけてこられたのは、ある意味で自分勝手な部分が良い方向に転がったのもあると思っています。自分勝手というのは、山本さんはあまり後輩や裏方を連れて食事をするような、親分肌の人ではないんですね。キャラクターとして。極めてマイペース。そしてチキンハートと揶揄する方がいるぐらいに、大舞台に強くない。今季も48歳での初勝利を挙げた時にもヨレヨレのピッチングをしていましたが(笑)、あれは僕から見ると山本昌らしさということになります。彼が臆病なのだとしたら、だからこその慎重なプレーをしてきたと言えるでしょうね。投手というのはもともと、大胆にして繊細であれと言われます。山本さんはちょっと繊細の割合が大きいかもしれませんが(笑)。だから彼が先発すると試合時間が長くなりますし、それゆえにあまり打線の援護がない。これは要するに、ランナーを出しても粘っこいピッチングで抑えるんだけど、スタイルとして守備の時間がどうしても長くなってしまうので、野手によっては間延びして感じてしまってリズムが作れない人もいるのだと、僕は考えています。ただし得点圏にランナーが出てもなかなか失点はしませんよ。

だからここ数年で球速が上がってきているのは、報道陣みんなが言いますが、あまりよくない傾向だと思います。本人はもっともっと速く投げたい気持ちが常にあるみたいで、鳥取にあるワールドウイングというジムに毎オフ通ってトレーニングしています。いつまでも向上心を忘れないことはとても素晴らしいんですが、彼の良さは球速が速くないのに手元でピュッと伸びるボールを放ることなんです。だから時々、山本さんがインサイドにズバッと投げて三球三振を取ることがありますが、本人にとっては快感でも、調べると山本さんが三振をバンバン取っている試合は結果はあまりよくなかったりするんです。彼は打たせて取る、内野ゴロが多い時の方が成績がいいんです。成長への欲というか、いつまで経っても成長しようとする部分はすごいですけどね。だんだん欲も出てきたんじゃないかと思います。もともと3~4年は泣かず飛ばずで、入団当時に名球界入りするような大投手になるとは想像していなかったと思うんです。選手ってね、二軍慣れするとなかなか伸びてこないんです。ところが一軍に上がってポンと結果を出すと、あれだけお行儀の悪かったシーズンオフの過ごし方がものすごく変わることってあるんです。「これだけやれた、俺はもっとできるんじゃないか?」という欲が出てくる。その欲の積み重ねで山本さんはここまで来て、今は「とことん最年長記録作ってやるぞ」という形に高まっていったんじゃないかと思いますね。僕はそんな風に思っています。

山本さんとは長い付き合いですし、やはり最初のアメリカでの取材が記憶に残っています。彼の結婚式の司会もしたし、沢村賞の授賞パーティーの司会もやらせていただきました。彼はすぐ緊張する人でね。今でこそ先発ピッチャーって前日に発表されるようになりましたけど、以前はそうじゃなかった。でも明日山本さんが登板することは絶対にわかるんですよ(笑)。やっぱりちょっと臆病なところがあるんですね。だから勝った時と同じことをルーティンにしていく傾向があります。そもそも登録名からしてそうですからね。最初はチームに他にも「山本」がいたから、「山本昌」だったわけです。でもその年の成績が良かったから、今はチームに他の「山本」はいないのに、彼はずっと「山本昌」なんです。名前からして、どこかに気の小ささが出ているんですよ(笑)。先ほどの毎オフの鳥取でのトレーニングだって、うまくいっていることを変えたくない気持ちもあるんだと思います。ただし成績が良くないシーズンがあっても、それはたまたまのことであって、決めたことはやっぱり続けようとする。変えるのも怖いんでしょうかね?(笑)。そういう考えなんだと僕は勝手に理解しています。怒られるかな?(笑)。


次回は記録より記憶に残る選手たちのことをお話ししましょう。

 


(10月 7日更新)

Check