ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main11.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十一回 「記憶に残る選手たち」

 

「高校生でこのレベル!?」と感じたのは……


今回は記憶に残る竜戦士たちを語ろうと思うのですが、最近はなかなか記憶を辿るのに苦労していまして……。誰がいたかな、すぐに出てこないなんて、本当はいないのかな……(笑)。というのは嘘で、例えば僕が「ミスタードラゴンズ」と呼べるのは、自分が実況し始めたばかりの頃の高木守道選手や、立浪和義選手でしょうね。星野仙一さんは違うんですよ。“ミスタードラゴンズ”といえば、僕は打者のイメージでしてね。まあ、星野さんが別格なこともあるけど(笑)。立浪さんについては、ドラフト指名された直後のPL学園にも取材に行きましたが、何と言ってもあの柔らかい守備がねえ……。図抜けているという意味で、「高校生でこれ!?」というインパクトを今でも憶えています。今でいえば、阪神の藤浪晋太郎投手なんかがそうですね。あのマウンドの雰囲気なんて、まさに「高校生でこれ!?」ですよ。呼吸や間合いみたいなものを理解していたり、プロで何年もやっているような振る舞いをするし、ピンチになったらギアを上げて抑えるし。すごいですよね。立浪選手もそんな感じで、守備を見たときに「高校生でこのレベル!?」と感じたわけです。残念ながらそれ以来、なかなかそんな選手にはお目にかかれていませんね。ああ、そういえば中里篤史投手がいましたね! 彼はテレビの全国中継がある巨人戦でデビューしたんですが、その時の映像が忘れられません。確か高橋由伸だったか誰かがインサイドのボールをファウルにしたんですが、その時に「なんちゅう球を投げるんだコイツは」という顔をしたんです。中里の直球はすごかった。バッターの手元に来てからのボールの伸びも、とても高卒の選手には見えなかったです。そういう意味ではすごいピッチャーには気がつきやすいのかもしれません。わかりやすいですからね。そういう意味では僕が新人時代に巨人にいた新浦寿夫投手なんかは、すごい真っ直ぐを投げていました。プロ1年生の打者のように「プロってこんなすごい球投げるんだ」って思って見ていたもんです(笑)。


守りの素晴らしさも、多くの野球ファンに認めてもらいたい


それと僕、実はゴールデングラブ賞の投票権を持っているんですが、野球の面白さ、プロのすごさの中にはホームランだけでなく、守りの素晴らしさというのも多くの野球ファンには認めてもらえたらとは思いますよね。それで思い出すのは高木守道さんと長嶋茂雄さんですよね。長嶋さんが送球の際、指先までまっすぐに伸ばして平凡なゴロまでファインプレーに見せて(笑)、「長嶋さんのプレーは美しい!」と言わせるのに対し、高木さんはすごく難しい打球を難なく捕って一塁に投げて、それでもまったく表情を変えずに「プロならこんなの当たり前でしょ? 何騒いでるの?」と振舞った。どちらも彼らの美学だったわけですが、そういうことを今の選手にもやってもらいたいですよね。メジャーリーグの伝説的選手であるオジー・スミスが守備だけで毎年メジャーのオールスターに選ばれていましたが、そういう選手が中日に限らずもっと増えてきていいと思うんです。大リーグってスタジアムが9割がた地元のファンで占められるんですけど、いいプレーがあったときには敵味方区別なく声援を送る、あるいはスタンディングオベーションで称える。こういう考え方が日本にもあっていいと思いますけどね。巨人の選手がナゴヤドームでファインプレーした時に、中日ファンが拍手を贈ったら、それってすごく素敵なことだと思うんですよ。


しみじみと言っていたんです「この2年間、何を教えてきたんだろう」 と。


記憶に残るといえば、大成しなかったけどインパクトがあった、そういう選手って過去にたくさんいたと思います。中日でいえば近藤真市投手もそうですからね。高卒のプロ初登板でノーヒットノーラン、でも残念ながら選手生命が短かった。プロに入ってから大成するかどうかは僕にもわかることではありませんが、ひとつ思うのはね、野球の強い学校の出身選手はやっぱり伸びしろがありますよ。確かに岩瀬仁紀投手や浅尾拓也投手などの例外もありますが、基本的には無名校からの一匹狼には、あまり伸びた印象がありません。それは何故かといえば、厳しさを知らないから。つまりお山の大将だったから。この前、山崎武司選手の取材をしましたが、高校時代の寮生活はすごかったらしいです(笑)。しかもそういう時って同級生とは余計に仲良くなると思うじゃないですか。決してそうじゃないらしいんです。僕なんかは先輩からいびられれば、後輩はみんな団結するだろうと思っていたんですがね。その逆で、例えば先輩から洗濯を頼まれた時、いち早く洗濯をしたいわけです。遅いと先輩に怒られるから。だから洗濯機の取り合いになっちゃって、むしろ同級生とは仲が悪くなっちゃうんですって(笑)。そんな中でたくましく生き残ってきた連中ですからね。プロに入ってからも厳しい環境への耐性があるんじゃないかと。天狗の鼻は簡単にへし折られる世界ですからね。そういった点で、ここ2年のドラゴンズで若手が育ってこなかったのは残念な限りです。全国区の選手が減ってしまったのも、寂しい限り。高木前監督は就任した時から「状況が読める選手。ピッチャーとの駆け引きをする中で、配球を読める選手を育てたい」と言っていたのですが、少し前、しみじみと言っていたんです。「おれ、コーチ会議で言ったんだ。『この2年間、俺たちは何を教えてきたんだろうなあ……』って」。恐らく口すっぱく選手たちには言ってきたんでしょうけどね、そうした指導を選手が生かしていないのが悲しかったみたい。何かちょっと、聞いていて辛かったですね。

次回は野球観戦の楽しみ方について、お話ししましょう。


(11月29日更新)

Check