ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main12.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十二回 「野球観戦の楽しみ方」

 

目の前で起こっていることだけを見ていてもつまらないもの。


野球観戦といえば、まずはありきたりですけども、ピッチャーとバッターの駆け引きですよね。どういう攻め方をして打ち取ろうとしているのか。あるいはバッターがその裏をかいてどのような打ち方を考えているのか。第一打席でバッターが右方向にうまくヒットにしていたら、バッテリーは次の打席でどのような攻め方をするのか。そういった駆け引きを常に考えながら、私は見ているつもりです。心理状態がわかれば面白いじゃないですか。それから僕は普段の観戦から必ずスコアブックをつけるようにしているんですが、おそらく一般の方でも、野球がお好きな方ならスコアブックをつけながら試合を観ると面白いと思います。そんなに難しいことではないのでね。スコアブックをつけていると、プレーの傾向が見えてきますし、手で書くことも大きいんじゃないかとも思いますね。気づくんですよ。例えばヒットは赤ペンで書くんですが、「あれ、この選手は第一打席は赤ばっかりだな」とか。これは実況にも生かせます。三振は青ペンでKと書くんですが、「このところKが多いなあ」とかね。書いて気づくことは多いんですよね。僕の後輩たちはスコアの情報をパソコン上のデータで集計しているんですが、それだと気づくことも少ないんじゃないかと思ったりしますけどねえ。スコアブックじゃなくても自分なりのメモでもつければ面白いんですよね。

これは実況アナウンサーとして叩き込まれたことですが、目の前で起こっていることだけを見ていてもつまらないものです。常に先、先を読む。ランナーが一塁に出ただけでも、「ここは送ってくるか?」「ここはエンドランか?」「いや、この監督ならば…」と。それは得点差やタイミングによっても変わりますからね。配球や戦術の先を読んでいくことによって野球観戦が面白くなっていくと、僕は思います。やっぱり心理を読んでいくのは面白いものです。「コイツ今何考えているのかな?」「そうか、ここでこれを持ってきたか!」と楽しめますから。ポジショニングで見るのもいいですね。守備位置がライン際に張り出してきたな、とかね。僕は昔からラグビーの実況もやるんですが、ラグビーに詳しい方から教えてもらったのは、スクラムハーフの動きを追いかけるといいんです。上手いスクラムハーフはポジショニングが上手いし、ボールが来そうなところにあらかじめ動いている。それはテレビで見ていても感じますし、そうした見方はするようになりました。ポジショニング、立ち位置というのはあらゆるスポーツを玄人的に見るときに面白いと思いますね。野球のポジショニングなんてもっと繊細で、そもそもほぼ定位置が決まっていますからね。それで思い出すのは星野仙一さんの言葉。「センターに抜けたと思った打球には必ず高木守道さんが立ちはだかっている」とかね。他の球団で言えば、巨人や横浜にいた駒田徳広選手の守備はすごかったと言っていました。「どれだけ駒田にしてやられたか」と。一塁線を抜けたと思った打球をことごとく押さえてしまう。もちろん反応の速さもあるんでしょうが、一塁でのポジショニングも良かったのでしょうね。相手のデータ、傾向も頭に入れつつ一歩、二歩の調整をする。プロの場合は非常にレベルが高いですから、その一歩、二歩が違いを生みだすのではないでしょうか。打つほうの印象が強いかもしれませんが、彼は一塁守備の名手だったそうです。それを聞いてからだと、なるほどと思わされる場面も見てきました。


印象に残っているのは“アライバ”と“タツカワ”


もちろん野球を見るとき、外野にも目を配っています。見所は得点機にランナーを置いた時ですね。例えば二塁より後ろにランナーがいれば、当然バックホームに備えて前寄りに守りますよね。ところが点差がついていたり、守っているチームが大きくリードを奪っていて、なおかつバッターが長距離バッターならば浅めには守りません。1点を守るよりもビッグイニングを避けるように守りますからね。さらに所定の位置より深く守る可能性もあるわけです。今はデータがありますから、「このバッターはこっちの方向に打つことが多い」と守ることもできます。そういったところで際立った選手をドラゴンズで考えてみると、現在では大島洋平や平田良介なんてのは悪くないと思います。平田はまだゴールデングラブを取ったことはありませんが、あの大きな体で守備の安定感もありますし、足も結構速い。大島は2011年、2012年とゴールデングラブを取っています。かつてのドラゴンズ外野陣も素晴らしかったですよねえ。福留孝介がいて、アレックスがいて、2004年でしたっけ、ゴールデングラブが6人出たこともあったのは。

私が守備のプレーで一番印象に残っているのはやっぱり“アライバ”ですかね。4-6-3(セカンド→ショート→ファースト)の1アウトという、アレです。あれは最高。ディス・イズ・プロですよね。プロといえば今季、バッテリーコーチとして達川光男さんがドラゴンズに来ましたが、達川さんといえばデッドボールのアピールですよね。当たってないのに「当たってる!」というアレです(笑)。これはすごく有名ですが、私も知らなかったところで、その逆もあったらしいんです。つまり「当たってるのに、当たってない」。ランナー二塁・三塁か何かで足に当たったらしいんですが、そのままボールがバックネット方向に転がったもんだから当たってないふりをして一塁に走った。そうすればワイルドピッチで1点入るので。当の達川さんは平然としていたそうですが、球審が「デッドボールだから一塁に行きなさい」と指示すると、一塁に行った直後に「イテテテ…」と(笑)。慌ててトレーナーがコールドスプレーを持っていって広島ベンチは大笑い。これを聞いた時は笑いましたねえ。しかしとっさの判断、ずる賢い選手だった達川さんらしい話です(笑)。そんなのを実況したら面白いでしょうねえ。

でもね、もともとのドラゴンズの守備はザルだったんですよ(笑)。シーズン三桁の失策数なんてこともあったぐらい。昔はナゴヤ球場でガンガンホームランを打つような“野武士野球”だったんですが、ナゴヤドームになってチームカラーを変えたという経緯があります。福留、良かったですよね。彼の守備は天性のものがありますが、彼といえば僕が思い起こすのはベースランニングの上手さですね。彼は本当にナンバーワンでしたよ。大きなストライドで素晴らしく速いベースランニングをするんです。本当に速かった。彼はまず内野失格から外野にコンバートされたんですが、見事に大成しましたよね。だから野球の楽しみ方として点数入って一喜一憂ってのもいいんですが、もう少し深く入るならポジショニングと心理状態を考えて、野球の中に入っていけばもっと楽しくなると思いますけどね。

次回はいよいよ開幕。今季のドラゴンズについて、お話ししましょう。


(2月18日更新)

Check