ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main13.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十三回 「2014年のドラゴンズ」

 

今年のチームはピリっとしている


ペナントレースが開幕しましたね。今季のドラゴンズは沖縄キャンプから、練習時間が非常に長くなっていると感じました。やるべきことをきっちりやっている印象ですね。谷繁元信選手兼任監督は横浜時代の同僚をコーチ陣に多く据えましたが、彼らはすごく熱心なんです。(2軍の)読谷組なんて朝8時から夜8時までやっていたとか。給料は下がるわ長く練習するわで、まるでブラック企業、なんて言っちゃあいけませんね(笑)。ただし谷繁選手兼任監督になって、選手たちは彼の厳しさや勝負に対する気持ちの強さを十分わかっているだけに、かなりピリッとした雰囲気を感じました。非常に勝ち負けにはこだわる監督だと思いますね。これは良し悪しを別にして、キャッチャーのタイプとしても、投手を立てるいわゆる女房役ではありませんから。選手の起用法にしても厳しさは出そうですよね。球場でご覧になった方もいるでしょうが、時にすごく厳しい言葉を選手にかける人です。それはある意味においてのプロですよね。

開幕前はルナの1番とかも試していましたが、出塁率の高い選手を一番最初に持ってくるというのはわからなくもない起用法です。ただ、それだとクリーンアップにもう一人のルナが必要なんですよね。いくら1番2番が出塁しても、それを返すクリーンアップがしっかりしていないと意味がない。去年のようなことをやっていては、なかなかタイムリーが出ないということになってしまいます。今季もタイムリー欠乏症で、得点が取れないドラゴンズになってはいけません。今季の6番は和田一浩ですが、和田本人は5番が一番いいとは言っていますけど、谷繁監督はクリーンアップで点を取ったら、6番でさらに取る野球をしたいということでした。4番の平田良介は昨季から打撃が好調ですし、彼にはクリーンアップとしての活躍に期待したいですね。



谷繁“監督”が谷繁“選手”を外す瞬間に注目


今季の問題はピッチャーですよねえ……。大野雄大、カブレラは文句なし。3番手の山井大介がちょっと不安ですが、彼は良い時は良い、悪い時は悪い投手ですからね(笑)。先発転向の岡田俊哉もまだ不安定。しかし、ここでまだ山本昌に頼るようではねえ……。今季の昌は時々登板して、登録抹消して10日後にまた上がってきて投げる、という形が中日の強いパターンでしょう。昌が獅子奮迅の登板をしていてはもうダメですよ(笑)。若いのは何やっているんだと。朝倉健太なんかもキャンプでは良さそうに見えたので、復活なるかと思っていたんですが。山内壮馬もそうですし、3番手以下は調子の良い人を日替わりで、では心配ですよね。吉見一起は6月復帰と決めてきっちり焦らず合わせてやってますから、大丈夫だとは思うんですが。あ、でも新人の又吉克樹は非常に楽しみなピッチャーですね。独立リーグ出身でハングリーさも持っていますしね。非常に純なところがあって、いろいろなものを吸収してやろうという謙虚にやっています。ピッチングはサイドスローからの変則的な投げ方で、ボールの出どころが見にくくて、初対戦では誰もタイミングつかめないんじゃないですかね。そう、又吉は面白い。僕らの番組では「マタキチ」って呼んで応援しています(笑)。

「今年のドラゴンズどうですか?」という質問は本当に多くされるんですけど、評価が本当に難しい。うまくハマればいい成績も考えられますし、一方ではガタガタになることも十分に考えられる。その予想幅がものすごく広い(笑)。やっぱり安定感なら巨人なり広島なりということになってくるんですよね。バッターがいい、投手陣がいい、安定感での評価はそうなるでしょう。一番注目はされるチームなんですけどね。プレーイングマネジャーという話題で。面白いのはこの前データを調べたら、中日って優勝する時は犠打の数がリーグ1位なんですよ。去年までの高木監督は犠打が少なくて、エンドランが多かったんですね。僕もメジャー志向なので犠打の多い野球は好きではないんです。エンドランって決まった時が面白いし、一気にランナー1、3塁になるわけで。ただ、実際のデータを見てみると、中日は犠打1位の時に優勝していて、逆に巨人が優勝する時なんかは犠打が最下位に近いんです。これはチームカラーを実によく表していますよね。巨人は犠打を必要としないチームで、中日は必要とするチームなんです。それが中日が優勝するための一つの考え方なのかもしれませんよ。

そして個人的にはやっぱり谷繁監督が谷繁選手を外す瞬間、そこには非常に興味がありますよね。「代打オレ」もあるでしょうが、むしろ彼の最高の使い方はリリーフキャッチャーなのかもしれません。松井雅人や田中大輔が育ってスタメンを張れるようになれば、最後は岩瀬仁紀と谷繁が試合を締めるところで登場するのが、強いドラゴンズの理想形。そうなった時が一番強い気がします。見たいですよね。では、僕は今季もCSやラジオを中心に実況を続けていきますのでどうぞよろしく。また、多くのお客さんが球場に戻ってきてくれるといいんですけどねえ。

次回は開幕後のドラゴンズについて、現状分析といきましょうか(笑)。

 


(4月8日更新)

Check