ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main14.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」

 

谷繁監督のモデルは落合監督


交流戦真っ最中ですが、まずは序盤のドラゴンズを振り返ってみましょう。今年のドラゴンズはプレーイングマネージャーがいるという点で、12球団中最も注目を浴びたと思うんです。そして見ていて思うのは、成績云々は別として、本当に谷繁選手兼任監督は良くやっているということ。例えば自分が8番として打席に立った時、出塁したあとのピッチャーに代打を送るのか、ピッチャーを出したままで送りバントをさせるのか、そういったことまで事前に話しておいてから打席に向かうみたいですね。ピッチャーの交代にしても、さりげなく、投げているピッチャーにはわからないようにベンチにサインを出していると聞きました。それでなくともキャッチャーというのは重労働なのですが、兼任監督は体力よりも頭の疲れの方があるような気がします。本当に大変だなと思うにつけ、谷繁さんはよくやっているなと思うんですね。それにどんな試合になっても、きっちりと監督としての義務である会見でコメントを出します。これってすごくしんどいと思うんですけどね。

それには「監督とはこうあるべき」という理想像がまずは自分にあって、その器に合わせるようにやっているのでは。と言うのも、今季の僕はよく監督インタビューをやっていましてね。CBCはテレビ中継のレポーターがヒーローインタビューを担当して、ラジオのレポーターが勝利監督インタビューをやるんです。その中で何回か話を聞くことがありましたが、冷静な分析を聞かせてくれる一方で、サヨナラ勝ちの日にはニヤニヤしながら会見場に入ってきて「すみません、思わず監督であることを忘れてしまいました(笑)」なんて発言もする。いろんな監督さんについてきたでしょうから、監督とはこうあるべきという姿に近づけようとして、自分を律していると思えてしまうんですね。前任者の高木守道さんがまっすぐで素直な方で(笑)、腹が立ったら怒るという会見をやっていただけに、言ってみれば反面教師にしているところもあるのかもしれません。

そして理想としているのかな、と思うのはやはり落合博満元監督ですよね。もちろんそれは落合現GMの下の監督さんということもあるわけでしょうけど。例えば星野仙一監督は手も出る足も出る(笑)の直情型で人情味のある監督さんでしたが、落合さんはその逆でした。マスコミを通じて選手を批判するようなことはしませんでしたよね。谷繁さんの本来の姿を考えると、どちらかといえば短気なところがある人だと思うんです。だけどそれをぐっと抑えて、個人攻撃をせず、ミスは本人が一番わかっている、という考えでやっている気がします。あとは選手がそれをどう受け止めているかですね。逆に選手がミスをした、悪いプレーをした際の非情さも落合さんに似ています。ふがいないピッチングをした大野雄大の強制送還しかり。口では言わない、マスコミを利用して責めない、でも結果については厳しい。それは落合さんに良く似ていると思えますよね。


こんなに打つ中日打線は初めて見たかも


さて終盤に差し掛かった交流戦ですが、賛否両論ありますが僕は大好きですね。それぞれのリーグで普段あまり見ることのない選手が見られますし、西武のおかわり君(中村剛也)やドラゴンズで言えば佐藤充(現中日スカウト)のようにポンと出てくる選手がいたりもする。むしろ今より日程を増やしてもいいかもしれません。ただ、相変わらずパ・リーグが強いんですよね……。いろんな分析があるようですが、まずは能力の高いピッチャーがパには多い上に、2連戦か4連戦しかない短期決戦なので、いわゆる5番手、6番手のピッチャーがほぼ出ないのが大きい。セ・リーグは好投していても1点を取るために投手に代打を送ることがありますが、DH制のあるパはそれをしなくても良いので、完投能力の高いピッチャーを育てることにつながるわけです。さらにはかつてダルビッシュ有や田中将大がいたリーグですから、彼らを打ち崩さなければ勝てないのでバッターも育つ。パの打者はファーストストライクからガンガン打ってくるんですが、あれこそがパ・リーグの野球で、そうやって交流戦は試合に入るとすぐにセをパのペースに引き込まれてしまうんです。そうやって考えると、交流戦でのパ・リーグの強さは必然といえるかもしれません。交流戦は今年で10年目ですけど、巨人が1回優勝しただけで、あとは全てパ・リーグのチームが優勝しています。セ・リーグ全体としてパ・リーグに勝ち越したのも2009年に3つ勝ち越しただけ。あとの8年は全部パ・リーグが勝ち越していて、最悪は2010年。交流戦の1位から6位までが全てパ・リーグのチームという。もっとセ・リーグは悔しい思いを持ってやってくれないとねえ……。

ただ、今季のドラゴンズは打線が良い。交流戦前には1番から5番まで3割打者が揃っていましたが、これはすごいことです。見たことがないですよ。近藤貞夫監督の時代に「強竜打線」と呼ばれた頃ですら、ここまで揃ったことはなかったと思います。ですから投手陣さえもう少しうまく回転してくれさえすればね……。そのきっかけになりそうだったのが、5月の濱田達郎の完封でした。あれ以降投手陣が良い感じになっていったんですが、またも先発ピッチャーが調子を崩してしまった。結局は投げてみないとわからない、というあたりはエース不在の痛いところですよね。バシッと吉見一起がいて抑えて、9回を投げきるとなればまた投手陣の回転も変わってくるんですよ。日本のプロ野球って去年の6位が今年1位になってもおかしくない、1位のチームが6位になってもおかしくないんです。本当に些細なことが大きな結果の違いを生むんです。実力的にはそんなに変わらないんですよ、そういう意味で投打が噛み合って結果を残しているのが広島カープです。去年久しぶりにAクラスになったことも大きいでしょうし、話題性としても、カープ女子と呼ばれる若い女性を球場に呼ぶ、という仕掛けを赤字覚悟でしてみたり。そういう部分はドラゴンズが苦手としているところなんですよねえ。我が愛するドラゴンズがこのまま衰退していってしまうようで、何とかしたいんですけどもね。

とにかく勢いが欲しいですね、ドラゴンズには。だから濱田には期待しちゃいますし、打線にも若々しさが欲しいです。本当によく言われることには、ベテランが多いと試合の序盤で「あ、これはもうダメだ」と経験的に思ってしまうんです。若い選手は必死ですし、粘っこいチームにはなっているとは思うんですが。でも谷繁選手兼任監督は、目先ではなく1年間のことを考えているところがすごいですね。自分だけでなく、主軸の和田一浩や荒木雅博まで休ませている。そういう時は代打にも出しませんから、勇気をもってやっていますよね。だからこそ、ここからの巻き返しに期待してもいるんです。


次回は球界の華・オールスターについて考えてみましょう。


(6月13日更新)

Check