ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main02.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第二回 「取材現場のこと」

 

「僕はアナログ人間なものですから、メモを取るんです」


私の実況の仕事は前日から始まります。実況の前日に試合がある時は絶対に現場で見て、そこで練習中などに選手の話も聞くんです。ちなみに当日の先発ピッチャーに話を聞かない、というのは新聞記者も含めた報道陣の暗黙の了解。だから前日に話を聞くようにするわけです。今は予告先発なので「明日ですが」とはっきり言えるようになったわけですが、去年までは「近々先発すると思うんですけど」なんて聞き方でした(笑)。そして他の選手にも話を聞き、試合を見て、家に帰る。

そこから僕はアナログ人間なものですから、メモを取るんです。井端、第1打席ヒット、第2打席フライ、とスコアブック通りにもう一度書き出すんですよ。実況用の資料とは別に自分の資料として。そうやって書いていると発見も多い。「この頃やけに右打ち多いな」とかね。その書き写しをドラゴンズだけじゃなく、少なくともセ・リーグだけは前日に終わっておきます。それを全部で2時間ぐらいかけてやり、そのあと自分の実況資料を作ります。終わるとだいたい午前3時ぐらい。そこから寝て、午前10時過ぎくらいに起きて朝食、適当にスポーツ紙を見ていると、もう午後1時くらい。僕はあまり会社に出たくないので(笑)、家から電車でナゴヤドームに行ってしまうんです。会社に行けば会社からタクシーを出してもらえるんですが、会社の経費削減に協力するために自腹で電車賃を払っていますよ(笑)。

球場に着くのは午後2時半、3時くらいになる時もありますね。選手によっては早出特打ちなんてしますが、さすがにこの年になるとそのあたりの取材はズルしちゃって……(笑)。あとは練習の合間で選手を捕まえて、今度は特に野手といろいろと話をする。ドラゴンズの練習時間は16時までなので、その間はベンチ裏をブラブラしています。たまに番組のプレゼント用にサインもらったりもしてますけど(笑)。それからビジターの話を聞いたり、食事をしたりして、17時25分くらいからは中継の前番組が始まり、18時の時報をもってスタートです。

 
 

「選手が4タコとかになったら、なんか変なこと言ったかなあ?と
すごく責任感じてしまったりしてね(笑)」

 
さて、試合当日の練習時取材ですが、やはり話しやすい選手はいるものです。井端弘和選手なんかは、初めてラジオに出てもらった時、他の選手に「あいつ喋らないから」なんて聞かされていたんですが、実際はけっこう喋ってくれて、「ラジオって面白いですね!」とまで言ってくれて。そこからはすごく話しやすい人だってわかって、今なんて毎週水曜日にラジオ出てもらってるぐらい。すごく頭のいい選手ですね。選手ってシーズン中に言ってはいけないチームのことがあるものですが、でも僕らはそれが一番知りたいこと。そこで彼はここまで言っていい、ここからは言っちゃいけない、という判断の線引きがきっちりできる人なんですね。おそらく彼の中で「ここまでは言っていい、ここまで言うのは受け入れられるだろうな」ということがわかっているんだと思います。

他には、現役ではものすごくフランクで喋りやすいのが大島洋平選手ですね。1年目からそうでしたが、何かを聞くと、少しはにかみながら答えてくれるのがまたいいんですよね(笑)。荒木雅博選手はどこかとぼけた味があって、とぼけるから本音を突いてみたりして、そのやりとりも面白いですねえ。そうした時、聞く方としても気を遣うんですよ。言葉使いにね。僕なんかは特にプロ野球選手へのリスペクトが強いんで、いま自分が接しているのはみんな天才で、こちらはしがないいちアナウンサーで運動神経も悪い(笑)。気後れする部分がルーキーにさえあるぐらいですから、「この言葉で傷つけちゃいけない」と思ってしまうし、試合前に話をした選手が4タコとかになったら「悪かったなあ……なんか変なこと言ったかなあ?」とかすごく責任感じてしまったりしちゃってね(笑)。

 
 

「ベンチ裏で忘れられないのは星野仙一さん」

 
そうそう、ベンチ裏取材にも今昔がありましてね。昔の方が取材はやりやすかったですね。ベンチ裏には選手専用の食堂があって、昔はそこに記者も平気で入れました。それこそ僕がペーペーの、まだ実況ができなかった時期には自由に入れたものです。試合前後だけでなく、試合中にノックアウトされた投手がベンチ裏、食堂に戻ってきたところを記者連中で一斉に捕まえたりしました。そこに僕も一緒にくっついて行って話を聞く。それで忘れられないのは星野仙一さんですよ。3回か4回でノックアウトされて戻ってきて、ベンチ裏の選手食堂に戻ってきたら、大きな吸い殻入れを思いっきり蹴飛ばした! 内心「うわあー、怖い!」と思いましたねえ(笑)。ベテランの記者連中でさえ恐る恐る近づいていくところを、僕も後ろから近づいて行って……。僕よりもずいぶん年上のベテランでさえもなかなか口をきけないぐらいですから。僕らも若い頃は若い選手にしか話を聞けないんですよ、怖くてとてもじゃないけど無理。木俣達彦さんがあんなキャラクターだとは思いませんでしたよ(笑)。木俣さんや高木守道さんなんて「来るな」ってオーラが出てるように見えていましたね。星野さんが吸い殻入れを蹴飛ばして大暴れしていたのは、自分に対する腹立たしさがほとんどで、でもちょっとだけ「あのコーチ、このイニングで変えやがって……」が入っていて(笑)。

昔はそこまで取材できたんですけどね、まあ時代の流れです、これは。情報に厳しい落合博満監督の時は、さらに取材がしにくくなりましたけどね(笑)。高木監督になって、やっとブルペンにもカメラが入れられるようになりましたから。野球を愛する人たちにとっては、ブルペンの様子って「この後どうするのかな?」がわかる場所なんですよ。一番いいのは昔のナゴヤ球場や現在の神宮球場のように外にあること。ブルペンで投げているピッチャーを見ると、監督たちの評価がわかるんです。「あ、浅尾が出てきた。そろそろ先発に限界を感じているのかな?」と。それは野球ファンにとっては非常に面白いことなんですけど、落合監督時代にはシャットアウトされてたんです。だから2011年のオフに高木監督就任が決まった時、ラジオ番組で監督にお願いしたら、2012年からブルペンが見られるようになったんですよ。ということで観戦がまた面白くなったと思っているんですけど、みなさんはいかがでしょうか?

 
次回はスポーツアナウンサー育成の話を少しと、私の「取材ノート」についてお話します。

 


(12月25日更新)

Check