ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main03.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第三回 「実況という仕事」

 

「ラジオのアナウンサーはテレビだと喋りすぎちゃう」


野球実況ってできるようになるまでには時間がかかるんですよ。最低でも4年くらいはかかるんです。まずはファーム(2軍)の試合を喋ってみて、先輩に聞いてもらう。そこで色々と注意やアドバイスを受けながら、練習を重ねるわけです。そして2年目くらいでベンチレポーターをやらせてもらえるようになる。そこから試合の実況をさせてもらうまでは、その年の状況にもよるので3年くらいの時もあるけど、それでも3年はかかりますね。僕は5年かかってると思います。「色物」をやったりしていて遠回りしているのでね。僕は5年目くらいに初めて実況しました。

野球実況はね、基本はまずラジオから入るんですよ。描写をしっかりしなければいけないということで。ウチの場合はテレビもありますから、3年から5年の修行の中身としては、まずラジオで「初鳴き」と言うんですが、ローカルで初めての実況をやらせてもらうんです。つまり中日vsヤクルトとか、中日vs横浜とか、どこにもネットしないこの地区だけの純粋なローカル放送を。やがて中日vs広島や中日vs阪神など、一部地域にネットするものをやるようになります。そして巨人戦で全国ネット、と段階を踏んでいく。その間、他球団とのネット中継ができるようになってくると、テレビ中継をやらせてもらえるようになるんです。そこでもテレビのローカルから始まり、次にラジオの巨人戦をやって、一番上が「テレビの巨人戦・全国ネット」と、こういうわけです。でもね、どうしてもラジオのアナウンサーはテレビだと喋りすぎちゃうんですよね。「お前ら喋りすぎだ、見えてることは言わなくてもいい」とよくディレクターに言われるんです。だからラジオとテレビ、どちらが難しいかといえば、テレビですね。

 
 

「野球実況は様式美に近いものがあります」

 
そういうことで、実況の基本はまずラジオから入るんです。描写をしっかりできなければいけないということで。でもどうしてもラジオのアナウンサーは、テレビだと喋りすぎちゃう。確かにテレビは見えていることを言う必要はないし、そうなると空いた時間でしっかり野球の奥深さみたいなものを解説者と話すべき。僕らアナウンサーはプロ野球を経験していないわけですから、解説者からいかに良い言葉を引き出すか、これが僕らにとってはとても難しいことなんです。見えていることを描写する、これは年数を重ねていけばだんだん上手くなっていく。最初は難しいですけど、決まったパターンもけっこうあって、野球はある程度形も決まっていますしね。私は昔、ラグビーの高校選手権なども毎日放送にお手伝いしに行っていましたが、関西はラグビーが盛んでラジオ中継もするんですね。これがものすごく難しい。サッカーもそうだと思うのですが、野球実況がどれだけ易しいかがわかりますね。もちろん慣れていて、形ができあがっているというのもあると思うんですけど、サッカー、ラグビーは攻守が常に入れ替わる。ボールの位置を常に言わなければいけないのが、ものすごく難しいですね。それでいて解説者にも話を聞く。野球がいかに間の多いスポーツかがわかりますよね。ピッチャーが投げないと始まらないし、はっきりと攻撃側と守備側が分かれている。野球実況はそういう意味では易しい。そうそう、ある意味で野球実況は様式美に近いものがあります。
 
 

「準備不足な時に限って、とんでもないことが目の前で起こったりする」

 
ただ一方で、BISというんですが、野球でも最近は細かいデータを専門の会社から買って、細かいデータが手に入るようにはなってきたんです。「今季の中日は何曜日に強かった」というような。そこで新人や若手アナウンサーにありがちなのが、そこに振り回される、あるいは自分が10調べたら10話したい。こうなるのが一番いけない。目の前に動いているものがあって、これが一番大事なのに、そっちのけで自分が調べたことを言いたくて仕方なくなる。これはいつも後輩にアドバイスするんですが、陥りがちなことなんですよね。データが多いから良い放送だとは絶対に思わないですね。自分の経験からすれば、10調べて2つか3つ言えるぐらいの時が良い放送しているような感触があります。ここぞ、って言う時にデータは言うもの。もちろん自分の経験としてもありますけど、今ほどデータはなかったですからね。今は自分で一生懸命調べられるものがあって、だから言いたくなるのかもしれませんけど。

ちなみに私の「取材ノート」というものは特にないんですが、毎回、僕は自分用の中継資料を自作するんですよ。それは例えば予想できるオーダーなど。前回も言いましたが自分はアナログ人間なものですから、紙に「一番、大島」って書いて、そこに最近の傾向や、この前こんなこと喋っていただとかメモをする。データももちろん書いたりします。実況の際に言う、言わないは別にしてね。そういうのを毎回、中継する試合ごとに手書きで作るんです。そう、一から作ります。でもそれを実況中に見ているかといったらそうでもなくて(笑)。書いたことで憶えていて、ポンと頭に出てきたり喋れたりするものなんです。最近の若いアナウンサーはパソコンで資料を作ったりしますが、僕は手描きの方がいいんじゃないかと思います。だから面倒でも、両チーム分を毎回作るようにしているんです。そりゃ、けっこう時間はかかりますよ。ただ、これだけ長い間放送に携わってきて感じるのは、しっかり準備した時は良い放送ができますよね。もう準備不足な時に限って、とんでもないことが目の前で起こったりするもんなんです(笑)。怠けたら見事にね。だから事前準備をどれだけしておくかが、番組の成功につながると思っています。

あとは、それとは別にシーズンオフには自作の選手名鑑を作っています。選手ごとにファイルを用意して、スポーツ紙などに出た情報を書き込むんです。だいたい5年分くらいで1冊になるんですが、それがシーズンに入って役立つことがありますね。もちろんドラゴンズの全選手分を作っていますよ。それがあると、例えばスタジオに来てもらった時にも「こんなことしてるんだって?」と聞くことができます。オフの番組でもシーズン中でも役立つんです。これは20年くらい続けていますかね。中継資料はもっと昔からやっています。これが私の「取材ノート」ですね。

次回はみなさんご存知?の「サンデードラゴンズ」の思い出をお話ししましょう。


(1月15日更新)

Check