ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main04.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』
 毎週火曜~金曜 17:57~

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』
 土・日曜は試合時間に合わせて放送!

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」

第五回 「日米スタジアム考察」

 

「日本が"戦場"なら、アメリカは"劇場"」


私の取材歴を振り返ってみた時、「変わった」ことといえば球場ですよね。ドラゴンズで言えば、ナゴヤ球場からナゴヤドームになったように。僕はね、1987年だったかな。研修旅行で大リーグを見に行かせてもらっているんです。アメリカで5球場くらい回りました。東京ドームができたのが1988年。その前年の87年に、東京ドームがお手本にした空気で膨らませるタイプのミネアポリスのメトロドーム(ミネソタツインズのホーム球場)を見に行くのが目的のマスコミ向けのツアーでした。それこそ日本各地のテレビマスコミが20人くらい呉越同舟で行きましてね。ミネアポリスからシカゴに入って、ボルチモアからニューヨークに行き、最後はロサンゼルス。5つの球場で7試合くらいを2週間で回る、けっこう忙しい旅でした。もともと僕はその頃から大リーグに興味はあったんですが、ものすごく感動しました。日本の球場もこんな風になればいいのにな、と思ったものですが、今はその形にずいぶん近づいてきたなと思います。球場の演出だったり、様々なお客さんを呼ぶための企画だったりね。エンターテインメントですよ。これは講演を頼まれた時にも、よく日米文化の違いの例として話すんです。当時の日本の球場は「勝った、負けた」が支配する、言うなれば"戦場"でした。しかしアメリカは違った。アメリカで初めて自分の目で試合を観た時のことですが、本拠地・ミネアポリスでツインズが大差で負けていたんですね。もしこれがナゴヤ球場ならば、お客さんは途中で帰っているだろうな、という展開です。「こんな試合見に来なきゃよかった」と。そういう意味では日本の球場は勝敗が全てでした。でもミネソタのお客さんはそんな試合でも楽しそうなんです。そして試合もそのまま一方的に負けたんですけど、お客さんは「来たからには楽しまなきゃ!」という感じだった。これはずいぶん違いがあるなと、日本が戦場なら、アメリカは劇場だなと思いました。

最近ではアメリカもドームから天然芝の球場になってきていますが、日本もそうなっていくかもしれませんね。やがてドーム球場も老朽化していきますから、少なくとも開閉式にはするんじゃないかと思います。でもアメリカって新しい球場は次々できますけど、建物の見た目はちょっと古いというかクラシカルな感じにしますよね。そのあたり、アメリカって歴史は浅い国なんですけど、野球は長い歴史を持っている。僕はとにかくカルチャーショックを受けました。そうそう、研修旅行から帰ってきて最初に観た野球の試合がナゴヤ球場での中日vs大洋(現DeNA)でしてね。大洋に屋敷要という選手がいたんです。この選手は打って良し、走って良し、守って良しの三拍子揃った選手だったんですが、センター前ヒットを打ったがしかし、ゆっくりと1塁に走ったんです。当時のチケット料金じゃアメリカはネット裏でも1000円くらい、日本は3000円くらいはしてたんですが、「あれ。高いお金払わせて、プロがこんな試合を見せているのか?」と感じてしまいました。同じ場面、アメリカならば一生懸命1塁に走って、隙あらば2塁を狙ってやろうという動きを絶対にするんですよ。よほどのホームランバッターが打った瞬間にわかる本塁打でも打たない限り。それを見てきて、しかも屋敷って選手は何が売りかって俊足じゃないですか。当時は"スーパーカートリオ"なんて言われて、走ることが魅力の選手なのに、センター前はシングルヒットだと決め付けてゆっくり走ってしまった。これは屋敷選手を責めているのではなく、当時の日本のプロ野球ではよく見かけるシーンでした。だから日本の野球ってこんなものを見せていたんだっけ? と思ってしまいました。だからなおさらにアメリカの野球っていいなと思えてしまいましたね。
 
 

「敵へのスタンディングオベーションで背筋ゾクゾク」

 
それに加えて、アメリカではすごく良いシーンにも出会ったもんですから、なおさらです。シカゴだったかな。リグレーフィールドという球場です。当時のシンシナティ・レッズにエリック・デービスという三拍子揃ったすごい選手がいたんです。試合はホームのシカゴ・カブスが3-0で勝っていましたが、継投に失敗してレッズが4点を返して逆転。カブスのファンには思いもよらない9回の裏を迎えたわけですよ。そして9回裏のツーアウトからランナー1塁。バッターはデイエット。後に日本でもプレーした選手が右中間に弾丸ライナーを打ちました。抜けていれば、ランナーは2塁、3塁を回ってホームインするような当たりですから、少なくとも4-4の同点になるはずだったんですよ。そこでさっきのエリック・デービスがダイビングキャッチ! フェンスに激突してもボールを離さなかった。それで試合終了です。ただ、このリグレーフィールドって球場はフェンスがレンガ造りで蔦が絡まっているという独特のスタイル。そこにぶつかったもんですから、ケガをしてしまいました。僕らが見に行ったのは9月ぐらいだったんですが、結局その後のシーズンを棒に振ることになるほどのケガでした。そんなエリック・デービスですが、カブスのファンにとっては憎い選手なわけでしょ? 少なくとも同点にはできていたチャンスを防がれたんですから。でも、担架に乗せられて退場していくエリック・デービスを、シカゴのファンは拍手で送ったんです。見た瞬間、背中がゾクゾクっとしましてね。勝ちゲームを逆転されて、しかも結末がそれなのに、カブスのファンはデービスにスタンディングオベーションをしたんです。何てステキなんだろうって思ったんですよねえ……。

で、日本に戻ってきて、さっきのプレーを見たわけですよ。この違いは何なんだろうと考えました。そして出した答えのひとつは、日本は2軍といっても移動の新幹線でグリーンに乗れるか乗れないか、ぐらいの差でしかない。ところがアメリカはトップのメジャー25人に入るまでに3Aがあり2Aがあり、1Aがあり、ルーキーリーグがある。ここを這い上がってきた選手ですから、気を抜けばすぐに落とされるという状況がある。そりゃあ必死にアピールもするだろうと。その違いがあるのではないかと思います。以来、私は大リーグに惚れこみましてね。その後は自腹でなるべくいろんな球場を訪れるようになりましたね。全部で12球場くらい行ったことがありますかね。好きな人は30球場全部回るんでしょうけどね(笑)。

 
 

「日本の球場で好きなのは……」

 
そういえば日本の球場で好きなのはどこだろう? ナゴヤ球場も大好きで愛着ありますし、もちろんナゴヤドームもホームスタジアムです。でもね、雰囲気などで考えれば甲子園は好きなんですよねえ。阪神のホームではなく、高校生たちの聖地としての甲子園が好きなんです。あの独特の雰囲気がいい。あとは広島市民球場。ここは取材がしやすかったんです。あそこは3塁側のベンチ裏のすぐ近くまで報道陣が行けたんですよ。そこにいればベンチの中の声がガンガン聞こえてくるんで、「ドラゴンズベンチはこういう状態です」って生でレポートできたんです。それに選手はトイレに行くのにその通路を通るから、「今日の相手ピッチャーどう?」とか聞けたんですね(笑)。いいんですよ、あの球場は。記者たちみんな広島ファンですもんね(笑)。それもすごくいいんですよ。彼らはそれだけに一生懸命に取材する。僕らはどこか「マスコミだから」と斜に構える部分があって、ドラゴンズ好きでも批判的な目を持ったりとかするんですが、ほんとに広島にはカープが好きな人ばっかりいるんですよね。ちなみに甲子園の記者はいつもブツブツ言ってて、いつも批判的な見方をしていたり(笑)。阪神の監督さんはマスコミをどれだけ制御できるか、みたいな部分が言われますが、それだけ記事も厳しいということなんです。

最後に、ナゴヤドームになって良かったことといえば雨天中止がなくなったことですね。アナウンサーとして中日vs巨人は中継の最高峰なわけで、昔はテレビの全国ネットで視聴率30%ぐらい行きましたからね。だから頑張るぞ! って気合入れるわけですけど、雨で中止……(笑)。これはほんとに残念でね。いろいろ用意したものも全部パーになるし。そういうことがなくなったのはアナウンサーにとっては良い事でしたね。

 
次回はアナウンサーの四方山話を、お教えしましょう(笑)。


(3月 8日更新)

Check