ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main06.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第六回 「1988年の優勝実況」

 

「1988年の優勝実況は、最高の思い出」


実況する試合との巡り合わせって、すごく運の良い人と、悪い人がいるんです。私の後輩でもいつも良い試合――それは実況しやすかったり、あるいは接戦などの面白い試合ですね――を実況している人もいれば、勝っても負けても一方的なゲームばかりの人もいます。そういう話でいえば、ノーヒットノーランなんかを実況できるのはうらやましいですよね。僕はそういう実況の経験がないので。でも特別感のある実況といえば、僕には1988年の優勝実況があります。あれは嬉しかった。ぴったり自分の実況の時に回ってきて、しかもあの時はドラゴンズが一方的に勝っているゲームでした。「今日は優勝する」と思えたから、「じゃあ優勝試合の実況をミスすることなくやってやろう」と心の準備ができたので、助かりました。星野監督がまた憎い演出してねえ。あのシーズンに活躍した選手を次から次へと出して顔見世のようにして。「みんなありがとうな」という星野さんならではの采配を見せていたこともよかったです。最後、ファンの方がグラウンドになだれ込んできて、ヒーローインタビューができなかったのが唯一残念でしたけど(笑)。実況資料ももちろん優勝用のものを用意しました。優勝の瞬間の言葉も決めていましたからね。絶対「歴戦の勇士たち」って使ってやろうと思っていました。前年に歌わせていただいた『燃えよドラゴンズ』でその言葉を吹き込んでいたので、絶対使ってやろうってね。自分で「これ、良い言葉だな」って思って実況してましたよ(笑)。しかもけっこう優勝の瞬間って、ポップフライとかだったりするんですけど、郭源治が、ヤクルトの秦から三振を奪って「空振り! 三振!! 試合終了!!!」ですからね。これ最高ですよ。自分の実況として最高の思い出はそれですね。

他に思い出の実況といえば、中村武志選手が巨人戦で、満塁ホームランとサヨナラホームランを打った試合があります。4-8で負けていたのが8-8になって、8-9で勝った試合。確か巨人の試合開始からの猛攻で8-0からスタートしたようなテレビ中継でした。でもそこからドラゴンズが少しずつ点を返していって、ついに中村タケちゃんの代打満塁ホームランで8-8の振り出しに戻した。それで延長に入って、放送も延長したけど最後まで中継はできなかったんです。これが残念でね。最後にサヨナラホームランを中村タケちゃんが打ったところまで見せたかったなあ。そうだ、1999年の山崎武史のスリーランもありましたね。そう! 打った後のポーズで有名なヤツです。あれは自分で何を言ったかハッキリ憶えています。打った瞬間に「行ったーーーー!」って言ってしばらく喋らずに、3塁を回ってホームに帰ってくる時に「ドラゴンズはスゴイ! ドラゴンズは強い!」とだけ言いました。もう余計なことは言わない方がいいと思ったんですよね。そして星野監督が泣きそうになりながら山崎に抱きつく。それは以前にもお話ししたように、ラジオのアナウンサーは喋りすぎちゃうんで(笑)、ここは絶対に下手に喋っちゃダメだ、と思ってね。間をとって、ポイントだけで、その空気感を伝えたかったんです。


「デビュー実況の時ね、体調がおかしくなって」


僕は本当に記録達成の実況はしたことがないんですよ。僕の後輩の宮部(和裕)なんて、山本昌のノーヒットノーランもやってますし、ドラゴンズではないけど駒田選手の2000本安打もやってるんですよ。そういう運の良いヤツはいるもんなんです。僕は近藤真市のヒーローインタビューはありましたけどね。ノーヒットノーランの時の。あのテレビ中継のベンチリポーターだったんですよ、僕。プロ初登板、初先発、初完封でノーヒットノーランですから、快挙でした。しかも巨人戦で全国ネット中継。夜7時からの中継だったんですが、さすがにみんな「高卒の近藤なんて、中継始まる頃には降板しているよ」なんて言ってたんですが……(苦笑)。そのヒーローインタビューはサンドラで「これは永久保存版ですよ」なんて自分で言いました(笑)。自分では持っていませんけどね。

僕はデビュー実況だけ持っています。昭和54年の8月、中日vs大洋。それはさすがにテープをもらいました。デビューの時ね、僕、興奮してたのかなあ。体調がおかしくなって友達の医者に来てもらって会社で点滴してもらったんですよ。僕でも体調を崩すほど緊張したんですねえ。目立とうとか、したたかにやってやろうと言う気持ちもありすぎてねえ(笑)。下手なデビューしたら取り返しがつかなくなるんじゃないかとも思いましたし。だから若かりし頃は実況後の夜って眠れなかったもんです。体が興奮している。それは他のスポーツアナウンサーも言いますね。でもね、これは僕も後輩もみんなそうなんですけど、デビュー実況はみんな上手いんです。そういうものなんです。後輩を7人ほど見てきましたけど、みんな1回目は良いですよ。でも、見事なほどに2回目でコケるんです(笑)。ホントにみんなそうなんです。周囲もデビューの時は心配しながら実況を聞いて「おお、やるなあ」となる。だから「アイツ1回目は良かったし大丈夫だろう」なんて思っていると、2回目で必ず「おいおい」ってなるんです。そして3回目からちょっとずつ、右肩上がりになっていく。不思議ですよ。ほんとに2回目は絶対にコケるんです。僕も後輩を指導する立場になりまして、デビューは本当に心配なんですが、それでもデビューはうまくいくものだと思っています。



「久野、お前の実況は野球盤だ」


僕にとっては、後藤紀夫さんという先輩アナが一番のお手本でした。この人から言われた言葉で忘れられないものがあります。僕は前にも言ったように大学野球の実況を自分でやっていたので、それなりに最初からできたんですね。でもCBC入社後、野球中継の練習をしていたら後藤さんに「久野、お前の実況は野球盤だ」と言われたんです。これは非常に心に残っていますね。どういうことかと言うと、ボールの行方は追えている、ところが人間が出てきていない、ということなんです。今なら例えがゲームなのかもしれないけど、当時はやっぱりエポック社の野球盤(笑)。ボールがどこに行って、どこに動いたかは言えているけど、人間の感情が表現できていないというわけです。「見ていろよ、ピッチャーってピンチになるとやたら額の汗を拭ったり、用もないのにロジンバッグを手にとって、手の滑りを止めるようなしぐさをしたりするだろ?」と後藤さんは言うんです。「あるいはストライクが入らないとマウンドを降りつつ、キャッチャーからボールを早く返せとやってみたりする。それをなぜ描写しないんだ」と。それを描写することで、今このピッチャーがどんな心理状態かが視聴者にわかってくるんだぞ、と。つまりは人間を描けということです。「やっているのは人間なんだ。そこには喜怒哀楽が出てくるはずなんだ、だからお前の実況は野球盤だ」と、最初の頃はよく言われましたね。ええ、実に深い話です。それ以来、表情や動きはなるべく言わなきゃ、という気持ちで実況するようになりました。「いまピッチャーは内心穏やかでないでしょうね」と言うより、「ピッチャー、何度も何度も額の汗を拭っています」と表現する方が伝わるんじゃないかと思っています。内心を推し量ってこちらが代弁するのではなく、行動を伝えることの方が、見ている、あるいは聞いている人には伝わるんじゃないでしょうかね。私は本当に良い言葉を頂きました。

アナウンサーというのは、みんな回を重ねて、練習をしていけばボールを追えるようにはなるんですよ。「ピッチャー投げました、打ちました右中間ボールが転々、センター追いかけて今ようやく追いついた、ボールを取って返しました、ランナー1塁を蹴って2塁へツーベース!」と、ここまでは誰でも言えるんです。問題はそれをどう盛り上げるか。ディレクターによってはジェスチャーで盛り上げろって指示をしてきます。ドラゴンズが得点圏にランナーを進めた時には特にね。やはりメリハリがあった方がいいんです。野球って間の多いスポーツで、淡々と進めば実につまらないもの。そこにメリハリをつけることで、「あー、ダメだったか!」「やったー!」という風に紹介できるわけ。そういう意味でも楽しい中継をしろということなんでしょうね。盛り上げる方法もいろいろあります。ただ大きな声を出すだけじゃなく、畳み掛けていく、あるいは体言止めを続ける。これは僕がよくやる手です。「アウトカウントはツーボール。ランナーは1塁に○○。2塁に○○。ツーアウト満塁。次の打者は○○。9回の裏。中日の攻撃。」と、体言止めを矢継ぎ早に重ねていく。こういう方法で状況を盛り上げる。スポーツアナウンサーにはそれぞれのやり方があると思いますけど、僕は体言止めが得意技です(笑)。

次回は私のスポーツアナウンサー以外の仕事について、お話ししましょう。


(4月23日更新)

Check