ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main07.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第七回 「燃えドラ」

 

「"ドラゴンズファンの国歌"を歌ってヒット賞」


僕はスポーツアナウンサーとして以外にも色々な仕事をさせていただいてきたんですが、「燃えよドラゴンズ」を何度か歌わせていただく機会にも恵まれました。これは入社1年目に担当した「Oh!サンデー」というラジオ番組の加藤吉治郎という名物ディレクターによるところが大きかったんです。僕は多分にこの人に見出されたところがありまして、いわゆる色物、バラエティの方をやり始めたのは、この人がいたから。この加藤さんと「燃えドラ」作曲者の山本正之さんがとても仲が良かったのが始まりでした。そもそもは加藤さんがやられていた「ばつぐんジョッキー」という昼の番組に板東英二さんが出演していたんですが、そこに当時まだ学生だった山本さんが「燃えドラ」のデモテープを持ち込んだ。これを加藤さんが「面白い、じゃあ板東さんに歌ってもらおう」と採用したんです。「燃えよドラゴンズ」はこうして誕生しました。その後、加藤さんと僕が「Oh!サンデー」で出会ったんですが、加藤さんは「スポーツアナウンサーを目指すけったいなヤツがいる」と聞いていたらしい(笑)。そして1988年、「燃えドラ」を局アナに歌わせてみようとなり、どうせなら曲の頭に実況も入れちゃおうぜ、と。そして歌い手として、僕が選ばれたというわけです。決定自体は急な話だったんですけどね。

僕は合計で「燃えドラ」を4~5回歌わせてもらっています。忘れもしないのは、最初の回が最高だったということ。なんと一口坂スタジオっていう、サザンオールスターズや桑田佳祐さんなんかが使っていたものすごいスタジオで収録したんです! ただし、2回目、3回目と進むにつれ、スタジオのグレードはどんどん下がっていったのですが(笑)。最後はCBCのスタジオと変わんないくらいのところになりました。最初はCBCのローカルニュースの取材も入れて仰々しくやってもらえたんですが。そうそう、売り出す際のキャッチコピーは、実は僕のアイデアです。当時はカセットテープで1本1000円。だから僕は「"1000円の無駄使い"ってどうですか?」と実に謙虚な気持ちで言ったんですが、「それ、いいですね!」とキングレコードの人に言われてしまいまして(笑)。そのまま僕が歌った「燃えドラ」のキャッチコピーは晴れて"1000円の無駄使い"になりました。でもおかげさまでキングレコードの社内のヒット賞をもらうくらいに売れましてね。元々有名な曲を歌っただけで、僕がやったのは実況を考えて喋っただけ。それがスーパーでもデパートでも流れている。聞いたことないようなプロダクションから営業で来てくれないかというオファーもありましたし、もう「ええー!?」という、まさに喧騒といった状況でした。

しかし僕もその時初めて知ったんですが、歌というのはあんな風に録音されるんですね。例えば冒頭の部分、最初に録ったテイクの「遠い夜空に」までを使って、「こだまする」はテイク4を使って、とやっていくんですよね。面白かったですねえ。だから歌っていると止められて「"こだまする"の部分だけお願いします」と言われたりするんです。するとさっきまで歌っていた自分の声が聞こえてきて、それに合わせて「こだまする~♪」と歌う。その繰り返しです。「さすがアナウンサー、声は出てる!」なんて言われたり、だいぶ気持ちよく歌わせてもらいましたが(笑)。嬉しかったですよ。アナウンサーごときが歌を出してもらえるなんてね。そんな機会ないですし、山本さん曰く「ドラゴンズファンの国歌」ですからね(笑)。一番好きなバージョンはやっぱり1988年版!「山本メジャーのスピリット♪」という歌詞が好きでねえ。僕自身、当時はアメリカで山本昌投手に取材をしましたから、歌う時にも気合が入りましたよ。「山本メジャーのスピリィットォ!」とね(笑)。ただこれには余談がありまして。その年のOB会で、選手たちの前で歌わされたんですよ!! これはもう恥ずかしかったですよお!!(笑)。星野監督もみんないる前ですからね? まあ本番ではもう居直りましたけどね(笑)。


「ハリウッド映画『ミスター・ベースボール』にも出演しました」


ほんとに僕は幸せですよ、「サンデードラゴンズ」もやって、野球実況もやって、歌って。そういえば映画「ミスター・ベースボール」も出演しましたから、僕はハリウッド俳優でもあるんです(笑)。高倉健と競演したんですよ? 出演の経緯から言えば、あの映画はCBCがずいぶん協力した映画だったということがあります。主人公のトム・セレック演じるジャック・エリオットが「サンドラ」にゲスト出演した、という場面は、サンドラのスタジオ、セットそのままで収録したんです。すごいなあって思ったのはね、トム・セレックの影武者がちゃんといるんですよ。さすがハリウッド。同じような体型の影武者がいて、カメラチェックやライティングのチェックまで全部その人がやるんです。そして全てが整って、初めてトム・セレックが登場。ハリウッド映画で主役を張る人はすごいんだなあって純粋に思いましたね。そのせいでトム・セレックとはほとんど接触はなかったんですよ。本番だけしかいないものだから。「今日はよろしく」なんて挨拶もナシです。着席した時に「よろしく」くらいは言ったかもしれませんが。ちなみに僕は少し英語が分かっているアナウンサー、という役だったみたいなんですが、その中で「ファンタスティック!」という台詞を言う場面があったんです。どうやらそこがアメリカでの映画の宣伝に使われたみたいなんですよ(笑)。シカゴのリグレーフィールドで流れた映像を、中日新聞の大リーグ担当記者が写真に撮って送ってくれましたから。アメリカで封切られた時の宣伝映像には、僕がいたんです。

ただ心残りもあって。高倉健さんにインタビューをする予定がなくなってしまったのが非常に残念でねえ……(泣)。僕はCBCで他の番組もやっていましたし、宣伝を兼ねて高倉健さんにインタビューするはずだったんです。しかし取材当日、ナゴヤ球場で高倉健さんは泥んこになりながらトム・セレックにコーチするシーンを延々と録っていましてね。ずっと待っていたら僕の18時からのラジオ本番の時間が迫ってきまして……。帰らざるをえなかったんです。インタビューは映画が大好きなディレクターが僕の代わりにしたんですが、それがまあ悔しくて悔しくて(笑)。インタビューしたかったなあ、悔しかったなあ……(泣)。しかもそのディレクターは鼻高々、自慢げに帰ってきましてね。確認したインタビュー映像の冒頭から「高倉さん、健さんとお呼びしてもよろしいですか? 健さん、あれは~」ですからね。それも悔しくて悔しくてもう……。とまあ、これも楽しい思い出ですけどね(笑)。

次回は私を含めたアナウンサーの失敗談など、お話ししましょう。


(5月14日更新)

Check