ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main08.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第八回 「失敗談」

 

「1年目から『けん責処分』」


これだけアナウンサーという仕事をやってきましたから、失敗談といえばそりゃあいろいろあります。僕は入社1年目でいきなり朝チョンボやりましたからね。朝10時に会社に出ればいいと勘違いして、前日を東京で過ごしたんです。まあ朝一番の新幹線でこっち戻ってきて間に合えばいいやと。ただその時は7時ぐらいの新幹線に乗って、9時に名古屋駅に着けば間に合うというところで新幹線がちょっと遅れまして、9時50分くらいに名古屋駅に着いたのかな。でも会社には10時過ぎには着けるので「ちょっと遅れまーす」って電話を入れたら「バカヤロー、久野! お前今日早番だったぞ!!」って(笑)。会社には泊まり明けの人が1人いて、早番の僕が加わって2人で朝のニュースなどを処理していくので、その時は会社にいた1人が何とか頑張ってくれました。でも、ひとつの時間帯だけどうしてもフォローできなかったんです。それが運の悪いことに全国ネットの各局リレー中継。「次は名古屋です、久野さん? 久野さん?」って呼ばれた頃、僕は東京にいた。だったら東京のTBSで出たらよかったんですけどね(笑)。結局「あ、ちょっとつながらないみたいですねー」と、TBSの方がフォローしてくれたんですがね。これをいきなり入社1年目にやりましたからね。人間って、慣れた頃に事故を起こすんです(苦笑)。しかも実は僕、カミさんが2年下の大学の後輩で、その頃ずっと土日は東京に遊びに行ってたんですよ。遠距離恋愛で、毎週月曜日の朝に名古屋に帰ってきていた。かくして僕は「けん責処分」となりました。つまり「怒られる」というヤツです(笑)。まず思い出す失敗といえば、これですかね。

他にも泊まり明けで二度寝して叩き起こされて、パンツ一丁みたいな格好でニュース読んだりとかはありました。でもね、パンツ一丁で思い出すのは、僕じゃないんです。CBCラジオには朝イチの中日新聞ニュースという番組があります。前日最後のニュースが夜中の12時ぐらいなんですが、それが終わるとベッドがある仮眠室で寝るんですね。そして6時のラジオの中日新聞ニュースに備える。もちろん自分で目覚ましもかけますが、守衛さんにも頼むんです。「5時半に起こしてください」と。起きたらニュース部に行って原稿を下読みし、スタジオに入って6時の時報とともに喋りだす。ところがあるアナウンサーが5時40分になっても、45分になっても、50分になっても起きてこない。さすがにアナウンス部の人が「これはマズイ」と守衛さんに電話して、守衛さんに行ってもらって「もう5時50分ですよ!」。飛び起きて、まあ男ですからTシャツにパンツくらいの格好で、そんな時間にはあまり人もいませんのでニュース部に直行して原稿を鷲づかみにし(笑)、スタジオ入りと同時に6時の時報です。そして「おはようございます。6時の中日新聞ニュースです。なお、こんな格好で失礼します」ですって(笑)。やっぱり気が咎めたんですかね。これはもはや伝説です。



「漢字の読み違いは本当に恥ずかしい」


自分の30何年のアナウンサー生活を振り返って思うのは、失敗と恥の連続ということ。漢字の読み違いなんて数限りないです。「千手観音」を「せんてかんのん」って堂々と読んだことあります。愛知県には「安城市(あんじょうし)」と「新城市(しんしろし)」があるんですが、それが混じってしまって「新城市」を「しんじょうし」って読んでしまったり。「お前さっき何て読んだ?」って言われてから気づくほど無意識なんですよ、こういうのって。「一矢報いる」を「いちやむくいる」とか。僕以外でひどいのでは、「七夕祭り」を「しちたまつり」なんて読んだヤツもいました。漢字の読み間違いは恥以外の何物でもないですからね。実際すっごい恥ずかしいんですよ! まあ、これは私に関して言えば、熱が入ってないんでしょうね(笑)。ニュースを読むローテーションの仕事って、自分の持ち番組とは気合の入り方が違うんでしょう。申し訳ないけどやっぱりノルマでやらされている感があって、自分の番組というのは能動的に「良いものを創っていくんだ!」というのがあるので。そんなところから起きるのかもしれません。

そうしたわけでアナウンサーに失敗は多いんです。それを集めて、僕は講演のツカミに使っているぐらいです。各アナウンサーの失敗談をね。これは面白いんですよ。例えば実況。昭和60年のことです。ヤクルトvs阪神、阪神は岡田、掛布、バースがいる時代です。神宮球場で、ヤクルトの攻撃中。阪神のファーストを守るのはバースというところがミソです。「ワンエンドトゥーからピッチャー4球目、投げました打ちました、ファーストゴロ、ファースト“ベース”が取りまして“バース”を踏んだー!」です(笑)。他にも「ワンナウト2塁3塁、ワンボールから投球2球目、投げました打ちました、三遊間レフト前のヒット! セカンドランナーホームイン、続いてサードランナーが今ホームイン!」これはサードランナーがホームインするのは当たり前で、セカンドランナーがどうなるかっていうのが言葉に出たんでしょうね。「雨が落ちてきまして、傘の花が咲きました」と言おうとして「傘の雨が落ちて参りました」。危ない(笑)。後輩のアナウンサーは北海道からの中継で「多くのドラゴンズファンも関門海峡を渡って応援に駆けつけました!」。おいおい九州から来たのかと(笑)。続いて「札幌ドームはほとんどがファイターズファン、365度ぐるりと見渡しても、ほとんどがファイターズファンです」とかね。まだまだあります。「1-0、9回の裏、ジャイアンツ1点のリード。ドラゴンズ大きな同点のチャンス、ツーアウトでランナーが3塁です。2ストライク2ボールから投球5球目、投げました打ちました! センターがバックする、これは十分犠牲フライになりそうだ! 捕った! 試合終了!!」とか。そうそう、先輩アナウンサーでもゴルフの中日クラウンズの際にやりましたね。最終18ホール、ティーショットを打ち終えた最終組がギャラリーを引き連れてセカンドショットの場所まで移動するのをカメラが俯瞰で捉えたんですね。ここで「歴史と伝統の中日クラウンズ、回を重ねて30回の記念大会を迎え、優勝賞金も1200円と膨れ上がっています!」。これ、全国ネットですよ?(笑)。



「消しゴムがきかない仕事」


僕らはほぼ生放送、つまり情報の最前線にいます。だから消しゴムがきかないというのが恐さですよね。例えば政治的なことなど、言ってしまったら修正がきかない。全然そんな気持ちがないのに誤解されてしまったり、自分が本来意図したこととは全然違う形に解釈されてしまったりもする。これは怖いものです。全然そんな気持ちなかったんですよ、とあとで言い訳すればするほど嘘っぽくなりますし。それは自分の未熟さが悪いんですが。野球中継でもあります。自分は両チームともにバランスよく喋っているつもりで、両方から怒られることだってあります。例えば中日vs巨人だとして、「ずいぶん中日に偏った放送をしている!」と巨人ファンから怒られます。でも僕はやっぱりプロってすごいな、と思って巨人の選手でもすごいプレーをすれば讃えたりするわけです。すると中日ファンから「お前は隠れ巨人ファンなんだろう」と言われたり(笑)。バランスは難しいですね。全国中継などをやっていれば「アイツはああいうアナウンサーだから仕方ない」というレッテルを貼られてもいるでしょう。自分が誤解を与えるような、しっかりした表現力がないからこそ伝わらなかったこともあれば、読解力のなさで勘違いして、うまい返しができなかったことだって多いです。バラエティならばどこかそういうのが許されるところもあるんですけどね。いろいろツッコまれるのはバラエティなら逆にオイシイんですけど、真面目な中継ではやっぱりね。まあ、こうして振り返ってみても、アナウンサーの、いや「私の」アナウンサー人生は、恥の人生と言えることが再確認できました(笑)。

次回は真面目に、インタビューについて思うところをお話ししましょう。


(6月14日更新)

Check