ホーム > 連載 > 久野誠の「取材ノートお見せします」

kuno-main09.jpg

 

PROFILE

久野誠●くの・まこと

1952年、三重県津市出身。昭和50年のCBC入社以来、40年近く中日ドラゴンズを追い続けてきた一方、バラエティ番組出演経験も豊富な「色物的スポーツアナウンサー」(本人談)。今年もテレビ、ラジオ、CSなどでドラゴンズ戦の実況を担当する。

kuno-profile.jpg

RADIO PROGRAM

『CBCドラゴンズナイター』 
 毎週火曜~金曜 17:57~ 

『CBCドラゴンズサタデー・
 ドラゴンズサンデー』 
 土・日曜は試合時間に合わせて放送! 

CBCラジオ 

木俣達彦、山田久志、小松辰雄、牛島和彦の4人の豪華解説陣が、プロも納得、野球にあまり詳しくない方にもわかりやすくドラゴンズ戦を解説。実況はCBCが誇る8人のスポーツアナウンサーが担当し、緊迫のプレーを迫力そのままに「1球にこだわる」放送をお届け。
ドラ魂KING

BACK NUMBER

第一回 「アナウンス研究会の思い出」
第二回 「取材現場のこと」
第三回 「実況という仕事」」
第四回 「サンドラ」
第五回 「日米スタジアム考察」
第六回 「1988年の優勝実況」
第七回 「燃えドラ」
第八回 「失敗談」
第九回 「インタビュー」
第十回 「続けていること」
第十一回 「記憶に残る選手たち」
第十二回 「野球観戦の楽しみ方」
第十三回 「2014年のドラゴンズ」
第十四回 「続・2014年のドラゴンズ」
第十五回 「日米オールスター考」

第九回 「インタビュー」

 

「何か気づいたら『高木さんに聞かなきゃ』というのはあります」


これまで多くのインタビューをしてきましたが、うまくいかなかった時だって、もちろんあります。例えばありがちですけど、ある方向に持っていきたいと考えている中で、全然、「あ、その程度だったの?」みたいな時。感動的にドラマチックに持っていこうかとしていたところで、その程度の意識だったのね、と(笑)。熱がもっと高いものだと思っていても、それが現実なんですよ。だから「うわあ、この後どうしよう」と汗をかいたりもする(笑)。逆方向に裏切ってくれる分にはいいんですけどね。そういったことは新人選手などに多いわけですが、しかし一方では正直に答えてくれているんじゃないかなとも思いますよね。あくまでこっちが勝手に盛り上げようとしているだけで、本人にとっての現実はそんなものなのかもしれない。予定調和になってしまうのも嫌ですし、お涙頂戴的なストーリーがそのまま作られていくというのもつまらないので、それはそれで良しです。これはもう聞き手側の勝手な意見かもしれませんけどね。ただし、そういう時は何か他の切り口はないかと考えはします。結局同じことを聞いているんだけど、何か刺激的な言葉が出てこないかなと。攻め方を変えながら、何かいい言葉引き出したいなー、というのは常にありますよね。そういえば以前、星野さんがドラゴンズに39歳の青年監督として就任する際に、これは僕ではなく東海ラジオの犬飼さんというアナウンサーが「監督、選手に向かって一言」と聞いた時に「覚悟しとけよ!」と言い放った。星野さんはそういう良いセリフをよく言ってくれる方でしたが、質問する側しても、こういうことを自分から言ってくれる人は良いですよね。

インタビューとは少し違うかもしれませんが、僕はドラゴンズOBの方々と中継以外でもよく話をしたもんです。昔、高木守道さんとは「3割バッターは本当にすごいんだろうか」という話をしたことがありました。こうなってくるとただの野球談義ですね。高木さんは「100回打席に立って25本ヒットを打てば2割5分だ。30本で3割だ。100回ならば5本の差。でも2割5分は平凡なバッターで、3割は一流バッターと言われる。それって本当に大事なことなんだろうか」と問題提起されましてね。考えさせられたことがありました。確かに大事なのは、ここぞという時に打てるかどうか。あれは目から鱗でしたね。他にも例えばランナー1塁の時の守備で、ショートゴロが来る。そうなれば6-4-3のダブルプレーになりますよね。ショートからボールが2塁に送られる、セカンドの高木さんが2塁のベースカバーで受け取るわけですが、プロのランナーはこの時にスパイク(乱暴なスライディング)をして、送球を邪魔してくるものです。こういうランナーに対して高木さんはというと、1塁へ転送する送球を、2塁に滑り込んでくるランナーの頭の上スレスレに投げてたんですって(笑)。そういうことをしておけば「高木に対してスパイクはできない」となるわけです。これぞプロ、っていうスゴイ話ですよね。もちろん当てるつもりはないわけで、「危ない」と思わせるだけの技術に対する自信があるんです。こういう話を聞きにいったりね。とにかく僕は何か気づいたら、「高木さんに聞かなきゃ」というのはあります。今は監督だけど、それでも構わず聞きにいっちゃいますね(笑)。そう、高木さんは僕の先生なんです。


「小泉今日子、松本伊代、早見優、ほりちえみ、松田聖子……」


インタビューといえば、僕自身の経験から若手によく言うことがあります。一番悪いのは、例えば質問項目を5つ考えたとして、一つ目の質問に対して相手が色々話してくれている、言葉のキャッチボールをしようとしてくれているのに、答え終わったら「はい、その質問はOK、次の質問いきます」としてしまうことですね。これはよくあることなんです。せっかく良い言葉が返ってきているのに、何でそこに食いつかないのと。良い喋り手は痒いところに手が届くじゃないですけど、テレビなんかを見ていてもそれができていますよね。インタビューの中で「よく聞いてくれた! それオレも聞きたかったことなんだよ」と聞いている人が思える部分がある。これはうまいインタビュアーです。視聴者に「なんでそこもっと聞いてくれなかったの!?」と思われたら、それは良くない。僕はインタビューの時も、実況の時と同様にしっかりとした準備をします。自分も先輩方から言われ続けてきたことで、「良い放送というのは準備した量で決まる」という言葉があります。これはまさにその通りで、前にも書きましたが、野球実況でも慣れてきてだんだん偉そうになってきて、ろくに取材もしなくなった途端に見事にしっぺ返しを喰らうもの。生放送の中で思いもよらないことが起きて、「うわー、調べておけばよかったー!」と本番中に焦ったりする。事前に資料集めや資料つくりをやれば、そういう場合でもそれなりに対応ができるものですよ。私は入社当初からそういう教育を受けてきました。そしてインタビューの場合、その相手に関することはとことん調べていきますし、「このこと聞きたいな」と思ったら「こっちの方から切り込むといいな」という自分なりのシミュレーションはしておいて、だけどなるべくなら質問項目を書いた紙は手元に用意しないようにしていきます。やり取りの中での脱線も、もちろん時間との戦いはありますが、線路を外れて結構。どんどん聞いて、どこかで戻す。これはやっぱりその場の空気、流れに合わせるということをやっていきます。

それでもまあ、若い頃は緊張もしますよね。インタビューの相手って、たいていは著名な人だったり、有名な人ですから。どうしても気後れしたりはしますものね。僕もこういう仕事をしているおかげでいろんな人に会ってきましたけど、そりゃあ緊張したこともありますからねえ。一番緊張したのはやっぱり長嶋茂雄さん。さしもの僕も、憧れの人に会ってしまうとねえ……(笑)。長嶋さんには個人的な思い入れも強かったし。野球選手以外では……誰がいたかな? いろんな人に会ってはいるんですけどなかなか思い出せませんね。ほんといい加減な人間ですみません(苦笑)。でも、それこそ演歌の大御所からAKBまで色々とインタビューは今もってやらせて頂いています。若い頃、インタビューでお会いできて嬉しかったのは松本伊代さんでしたね。これは「ぱろぱろエブリデイ」という番組をやっていた頃、昭和58年ですかね。当時はアイドル全盛期だったんですよ。小泉今日子、松本伊代、早見優、ほりちえみ、松田聖子だとかね。そういったアイドルたちに番組の中でインタビューしたりしましたね。アイドルの人気って、すごかったんですよ!? 当時はフロントスタジオと呼ばれていましたが、CBCにもサテライトスタジオがあったので、広小路通りから収録がみんな見られたんですよ。そこで彼女たちが出ようものなら、広小路通りが人で埋まってしまうくらい。しかもその時は番組の企画で外に出てみたもんだからさらに大変で、僕までファンにもみくちゃにされましたよ。そんなのって楽しいですよね (笑)。

次回は僕のバラエティ時代についての思い出を、お話ししましょう。


(7月16日更新)

Check