新潟県のイベント

ラブサイケデリコ<br>4年ぶりのアルバムのツアーを開催
NEW!
新潟県
ラブサイケデリコ
4年ぶりのアルバムのツアーを開催

2000年4月「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」で衝撃的なデビューを果たし、音楽業界を震撼させたLOVE PSYCHEDELICO。 "DELICO SOUNDS"とも言われる言葉すら浸透しており、その根幹はギターのNAOKIの印象的なリフと、日本語と英語が自然な形で行き交う独特な歌詞と存在感のあるKUMIのヴォーカルスタイルにある。彼らが4年ぶりの新作アルバム「LOVE YOUR LOVE」をリリースし、全国ツアーを開催中だ。LOVE PSYCHEDELICOにとって意欲作となった作品だけに、ライブでどのように披露されるのか今から楽しみだ。

LOVE PSYCHEDELICO
10月27日(金)
NIIGATA LOTS
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
タクフェス主宰・宅間孝行の<br>全く新しい演劇作品を目撃せよ!
新潟県
タクフェス主宰・宅間孝行の
全く新しい演劇作品を目撃せよ!

脚本家や俳優として、テレビドラマ・映画などで活躍を続ける宅間孝行。彼が2013年に立ち上げたタクフェスは、これまでの演劇概念を打ち破る、様々な仕掛けに挑戦してきている。出演者がステージ上でサインや写真撮影に応じる"ふれあいタイム"を開演前に実施したり、終演後に出演者も観客も一緒になってオリジナル曲に合わせてダンスをするなど、ただ観て感動するだけでは終わらない演劇なのだ。今回は、なんと4年ぶりの書き下ろし作品「ひみつ」が上演されるだけに、演劇ファンのみならず元気になりたいという方にこそ、ぜひとも目撃してほしい。

タクフェス第5弾「ひみつ」
10月28日(土)
新潟市民芸術文化会館 劇場
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
ディズニー×クラシック<br>15周年記念公演は必見だ!
新潟県
ディズニー×クラシック
15周年記念公演は必見だ!

ディズニー好きだけでなく、クラシックや音楽好きなど、性別や年齢を問わない大人気コンサートの「ディズニー・オン・クラシック」。なんと、今年は「ディズニー・オン・クラシック」が開催されるようになって15周年を迎えるアニバーサリーイヤーでもあるのだ。そんな記念公演は「塔の上のラプンツェル」をメインに、ディズニーの名曲の数々をスクリーンの映像やスペクタクルな演出とともに届けるという。さらに今年の公演にもニューヨークのヴォーカリストたちとフルオーケストラが出演決定!ファンならずとも必見の一夜になるだろう!

ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2017
11月9日(木)
新潟県民会館 大ホール
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
童話ホラーの傑作「人間風車」<br>成河、ミムラ、加藤諒などが出演!
新潟県
童話ホラーの傑作「人間風車」
成河、ミムラ、加藤諒などが出演!

2000年にパルコ版が初演された"童話ホラー"の傑作「人間風車」が、河原雅彦を演出に迎えて、なんと14年ぶりに満を持して上演される!爆笑童話の世界から一気に引き込まれる恐怖の波状攻撃は、観るものすべてを圧倒!その独特の世界観と共に繰り広げられる、予測不能のストーリーによって、伝説の作品と呼ばれている。主演・平川役は、会話劇から大型ミュージカルまで幅広く活躍してる成河。ヒロイン・アキラ役はミムラ、物語のキーとなる、青年・サム役は加藤諒と、旬の俳優が勢揃いしている!一体、怪作と言われる作品がどのように蘇るのか。期待せずにはいられない。

「人間風車」
10月25日(水)
新潟市民芸術文化会館 劇場
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
Bリーグのセカンドシーズン開幕<br>新生アルビレックスBBに期待
新潟県
Bリーグのセカンドシーズン開幕
新生アルビレックスBBに期待

Bリーグ初年度は中地区4位という結果に終わった新潟アルビレックスBB。今季は名古屋Dから鵜澤潤、富山グラウジーズから城宝匡史が加入。城宝は昨季B1リーグで日本人選手3位となる1試合平均13.4得点をあげたポイントゲッターなだけに、得点力に期待がかかる。また、リーグ開幕前に行われたティップオフカンファレンスに参加した五十嵐圭は、前所属チームで6年間一緒にプレーした鵜澤に対して「彼の良さはこのリーグで通用します。自分がうまく使います」とコメント。強力な新加入選手を活かし、外国籍選手に頼り過ぎないバスケットボールをして頂点を目指す。

新潟アルビレックスBB
2017-2018シーズン
新潟市東総合スポーツセンターほか
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
残留を目指すアルビレックス新潟<br>今こそスタジアムをオレンジ色に
新潟県
残留を目指すアルビレックス新潟
今こそスタジアムをオレンジ色に

J1アルビレックス新潟が残留争い真只中だ。今季の新潟は勝ち星に恵まれず、開幕10試合で監督が交代。新監督の呂比須ワグナー氏は8月にサガン鳥栖から小川佳純と富山貴光を補強し、残り9試合で最下位から残留圏内を目指す。そんな中、クラブ、サポーターが一丸となってJ1残留を掴み取ろうという意味を込めて、ユニフォーム付きのチケットを販売する「スタジアム満員プロジェクト」を実施。チームカラーでスタジアムを染め、選手たちにエールを贈ろう!対象試合は9月30日から12月2日までのホーム開催試合だ。

アルビレックス新潟 ホームゲーム
2017シーズン
デンカビッグスワンスタジアム
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
世界観客動員700万人!<br>日本の伝統文化「太鼓」を体感しよう
新潟県
世界観客動員700万人!
日本の伝統文化「太鼓」を体感しよう

"世界で通用するエンターテイメント"という目標を掲げ、1993年愛知県で結成されたDRUM TAO。舞台に立つのは、極限までに肉体を鍛え上げたアスリートであり、表現者でもあるアーティストたち。 伝統楽器を用いながら、多彩なジャンルのメロディーを取り入れた概念に囚われない音楽、芸術然とした魅せる舞台は、世界中から絶大な支持を受けている。「舞台芸術」としての"日本のかっこよさ"を世界へ発信し、 エンターテイメントシーンに新たな流れを生み出し続けいる彼らのパフォーマンスは必見だ。

DRUM TAO
10月30日(月)
新潟県民会館 大ホール
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中
ジュリー(祝)50周年!<br>大規模な記念ツアー開催
新潟県
ジュリー(祝)50周年!
大規模な記念ツアー開催

1960年代後半のグループサウンズ全盛期から活躍し、ジュリーの愛称で愛されている沢田研二。未だ音楽シーンにおいて精力的な活動を続けており、今年の3月11日には東日本大震災以降の被災地への祈りと脱原発への思いを込めた新曲「ISONOMIA」をリリースした。2012年以降、毎年3月11日に新曲を発売してきた彼にとって大事な曲がまた1つ増えたのだ。そして、デビュー50周年を記念したアニバーサリーツアーを開催する。彼の往年の名曲の数々を聴けるチャンスなので、ぜひともファンは足を運ぼう!

沢田研二
11月17日(金)
南魚沼市民会館 大ホール
公演詳細、チケットのお求めはコチラ
チケット発売中